TopPage>iphoneの各部名称・用語と機能>iOSについて>メッセージアプリのメッセージの保存期間が指定できる-iOS8新機能

メッセージアプリのメッセージの保存期間が指定できる-iOS8新機能

メッセージアプリのメッセージって、自分が削除しないと消えないので、時々、メッセージの整理をしないといけないので不便っと思っている人いませんか?

iOS8のiPhoneから、メッセージの保存期間を設定することができます。

ここでは、iOS8の新機能のメッセージアプリのメッセージ履歴についてご紹介しています。


メッセージの保存期間を設定できるメッセージの履歴

iOS8になる前のiPhoneは、携帯電話と同様に、送受信したメッセージデータは、自分が自ら削除しないと基本的には削除されることはありませんでした。

iOS8では、設定アプリでメッセージの保存期間を設定できるようになりました。このメッセージの保存期間を設定すると、その期間を経過したメッセージから自動的にiPhoneから削除されます。

尚、iOS8の初期設定は、メッセージの履歴は削除しないとなっています。

メッセージの保存期間の設定方法

1.設定アプリのメッセージ設定画面を開く

設定アプリアイコンを指でタップして開きます。
設定アプリ画面を下にスライドさせると、メッセージの設定項目が表示されますので、そこを指でタップしてメッセージの設定画面を開きます。

ios8_設定アプリ_メッセージ設定項目

2.メッセージの履歴設定画面を開く

メッセージの設定画面にメッセージの履歴という項目がありますので、そこを指でタップしてメッセージの履歴設定画面を開きます。

ios8_メッセージアプリ設定画面_メッセージの履歴項目

3.メッセージの保存期間を指定する

メッセージの履歴の保存期間の指定画面が表示されますので、30日間、1年間、削除しないのいずれかを指でタップして選択します。

ios8_メッセージの履歴_保存期間指定画面

4.設定確認画面の確認

30日間または1年間を指定した場合には、左のメッセージの削除の確認画面が表示されます。

メッセージの履歴の保存期間を設定すると、設定した時点で、設定した期間を超過したメッセージについては、この後自動的に削除されるため、このような確認画面が表示されます。

メッセージを削除しても問題なければ、削除のボタンをタップします。

ios8_メッセージの履歴_保存期間設定後の確認画面

以上で、メッセージの自動削除の設定が完了しました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。