TopPage>iphoneの各部名称・用語と機能>AppStoreカードとiTunesカードって何か違うの?

AppStoreカードとiTunesカードって何か違うの?

コンビニや家電量販店にいくと、App StoreカードとiTunesカードが並んで売られていますね。

iTunes Storeでアプリを購入する時に、利用できるカードは、APP StoreカードとiTunesカードのどちらなのか悩んでしまう人もいらっしゃるようですね。

ところで、App StoreカードとiTunesカードは、どのように違いがあるのかご存じですか?


iTuesnカードとApp Storeカードは、名前だけ違うだけで中身は全く同じ

iTunesカードとApp Storeカードは、名前だけ違うだけで、どちらのカードもiTunes StoreとApp Storeの音楽データや、アプリなどの購入時の支払いとして使えるプリペイドカードです。

iTunesカード表

どちらも、カードの裏面を見ると分かると思いますが、App StoreカードとiTunesカードともに、同じようにプリペイド金額を有効化するためのiTunes Cardコードが記載されています。

唯一違うことと言えば、「iPhone、iPod touch、iPadでのご使用方法」の記載のところに、iTunesカードでは、iTunesアイコンをタップしますと記載してあって、App Storeカードでは、App Storeアイコンをタップしますと記載してある点のみです。

iTunesカードの裏面

iTunesカード裏面

App Storeカード 裏面

AppStoreカード裏面


実は、App Storeカードという名称は、正式名称としては存在しません。正式名称は、どちらもiTunesカードなのです。ただ、iTunesとApp Storeの印刷が違うだけなのです。



なぜ、同じプリペイドカードなのに名前の印刷が違うの?

発売してるiTunes株式会社が正式に発表しているわけではないので、あくまでも憶測でしかないのですが、次のような経緯で、二つが併売されているのではないかと思います。


理由1.iTunesという名称は音楽(楽曲)のイメージが強いからかも

iTunesは、もともとMac用の音楽データ管理ソフトでした。その後、iTunes Music Storeで、音楽データ(楽曲)の販売が始まり、iTunesは、iTunes Music Storeでの楽曲購入のためのソフトとして利用されました。(iTunes Music Storeは、後で、iTunes Storeに変更されました)

iPhoneやiPadなどが発売され、iOS用のアプリの販売が、iTunesの中のApp Storeではじまりました。


理由2.iPhone、iPadにApp Storeのアイコンがあるから

パソコンのiTunesのメニューを見ると分かると思いますが、iTunes Storeの中に、App Storeがあります。

iTunesStore内のAppStote

一方、iPhoneや、iPadなどのiOS機器の画面には、iTunes StoreアイコンとApp Storeアイコンの二つが、それぞれ、独立したアイコンとして存在します。

iPhone_iTunesStoreアイコンとAppStoreアイコン

iPhoneなどのiOS機器の利用者によっては、iTunesカードだと、購入できるのは音楽だけで、App Storeでアプリを購入できないように思われるかもしれないということで、中身の同じプリペイドカードが、iTunesカードとApp Storeカードの二つの名前で販売されているのかなと思います。


つまり、AppStoreカードとiTunesカードの違いなど気にせずに、金額のみ確認して購入するば問題ないということでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。