TopPage>iphone修理&故障不具合の時の対処方法>一部のiphone5について、バッテリーの無償交換が行われます

一部のiphone5について、バッテリーの無償交換が行われます

特定のシリアル番号のアイフォン5(iPhone5)について、バッテリーの無償交換を行うとアップルの発表がありました。

どうも、ある時期のiPhone 5の電池残量が急に短くなったりすることへの対応のようです。

対象となるのは、2012年9月から2013年1月に販売されたiphone5の一部です。尚、iPhone5Sは対象外です。

どうも、この時期に購入したiPhone5で特定シリアル番号のiPhone 5が対象となります。自分のiPhone5が対象かどうかは、AppleのiPhone 5 バッテリー交換プログラムのWeb画面でiphone5のシリアル番号を入力することで確認できます。


2012年9月から2013年1月に販売されているので、使用期間が長い場合で2年間、短い場合で1年半ですね。ちょっと微妙な期間ですね。普通にiphoneを使用している人ならそんなに電池は消耗しないでしょうが、毎日のように電池残量がある場合でも常に充電して利用している人などは、場合によっては、使用時間が短くなることもあるかもしれませんね。

既に電池交換している場合には返金される場合も

今回のバッテリー無償交換の対象iphoneで、既に自費でAppleショップやApple正規サービスプロバイダーで電池交換をしている場合には、Appleのサポートに手続きをすると電池交換費用の返金に応じてくれるそうです。

電池(バッテリー)の無償交換を依頼する時の注意する点

今回の電池(バッテリー)の無償交換の対象のiphone5であっても、電池以外に破損(ガラスパネルのわれ、ひびなど)がある場合には、電池交換する際には、その破損部分の補修も一緒に行うことが基本的な対応になっていますので注意が必要です。

ちょっとしたフレームのわれなど我慢して利用してる人も時々見かけますから、実費でパネル交換となると結構な金額になりますからね。対象になっているけど、今、電池の消耗がひどくない人の中には、無償交換を躊躇する人もいるかもしれませんね。でも、メーカーが無償交換するということは、今は、問題なくても電池消耗する可能性が高いということですから、この機会に修理されるといいと思いますよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。