TopPage>標準アプリ>iCloud(アイクラウド)>iCloudへのバックアップでiPhone初心者が勘違いしていること

iCloudへのバックアップでiPhone初心者が勘違いしていること

最近のiPhoneは、iCloudのおかげでかなり便利になりました。

iPhoneのバックアップも、以前は、必ず、パソコンのiTuensに接続してパソコン内部にバックアップを保存しないといけませんでしたからね。

でも、便利になったiCloud利用のiPhoneバックアップですが、iPhone初心者の人が勘違いする落とし穴がありますので、注意が必要です。

では、iCloudのバックアップについてiphoen初心者が注意しておく点をおさらいしておきましょう。


iCloudのバックアップは、完全バックアップではない

iPhone初心者出ない人でも、最近では思い違いをしているのではないでしょうか?
iCloudのiPhoneバックアップは、完全バックアップではありません。


iPhoneのバックアップには、2種類あって、iCloudバックアップとiTunesによるパソコンへの完全バックアップがあります。

iCloudバックアップについて


iCloudバックアップが利用できる前には、iPhoneのバックアップといえば、iTuens利用のパソコンへのバックアップでした。街中でもWiFi接続環境が整い、iCloudバックアップが利用できるようになると、ほとんどの人が、便利なのでiCloudバックアップを利用しているので、ややもすると、iPhoneのバックアップというとiCloudバックアップと思っている人も多いかもしれませんね。



iCloudバックアップは部分バックアップと理解する

iCloudでバックアップされるデータは次のデータとなります。

カメラロールに保存されている写真とビデオ
アプリデータ
アプリデータも一応保存されますが、実はすべてが保存されるわけではありません。
ミュージックプレイヤーアプリなどの音楽や電子書籍などのデータは、保存されるものとされないものがあります。AppStoreで購入した音楽・ビデオデータ以外は、iCloudではバックアップされません。また、AppStoreで購入した音楽・ビデオデータも厳密にはバックアップされているのではなく、iCloudバックアップデータを利用して復元される時にAppStoreから自動ダウンロードされるようになっています。そのため、すでにAppStoreから無くなってしまている音楽データやビデオデータは復元されませんので注意が必要です。
ナビゲーションアプリなど地図データやオプション機能購入履歴の認証キーなどは、アプリの設定で別途iCloudに保存と設定しておかないと、保存されないアプリもありますので注意が必要です。
標準アプリのメール・メッセージデータ
Appleの提供している標準アプリで利用されるiMessageデータと、SMSメールデータ、MMSメールデータは保存されます。また、ビジュアルボイスメールのデータも保存されます。
しかし、Apple以外の会社が提供しているメールアプリの場合は、メッセージデータやメールデータの全てが保存されるわけではありません。それぞれのメールアプリの仕様に依存するケースがありますので、注意が必要です。
iPhoneの設定
アプリの配置や、iPhone上の基本設定などは保存されます。
着信音

icloudバックアップは、主要なデータのみのバックアップとして理解して、できれば、週に1度または、2週間に1度程度は、iPhoneの完全バックアップのiTunesによるバックアップを行うように心がけましょう。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。