TopPage>iphone修理&故障不具合の時の対処方法>画面割れ破損>非公認修理店でのiPhoneの画面割れの修理代金になぜ大きな差があるのか?

非公認修理店でのiPhoneの画面割れの修理代金になぜ大きな差があるのか?

液晶画面の割れたiPhoneの非公認修理店での修理費用には、修理店によって大きな差があります。

iPhoneの修理は、Apple Storeか正規サービスプロバイダーで行うのが一番いいのですが、費用の点や、すでに非公認修理店で修理しているため、Apple Storeや正規サービスプロバイダーでの修理を受け付けてくれないという場合には、非公認修理店を利用することになります。


iPhoneの非公認修理店を利用するケースとして一番多いと思われるのが、画面割れだと思います。

実際にアイフォーンビギナーズも画面割れで一度非公認修理店を利用したことがあります。

利用する非公認修理店を決めるにあたって、非公認修理店をいろいろと調べると、高いところで、Apple Storeや正規サービスプロバイダーの画面交換修理と同額の17,800円という修理店から2,900円といった激安修理店まであります。


正直、修理代金は安いに越したことはないです。

でも、これだけ価格に差があると、なんでなんだろうという気持ちが起きますよね。安かろう悪かろうという部品もありますしね。

安いのには安いだけの理由がありまし、高いには高いだけの理由がありますからね。


割れたガラスのみの交換は出来ない

iPhoneの画面は、ガラスパネル+デジタイザ付き液晶の構成になっています。ガラスガラス+デジタイザ付き液晶を液晶パネル部品と呼んでいます。

たまに街中で画面割れしているiPhoneを見かけることがありますね。画面が割れていいるのにiPhoneの操作が出来るは、上部のガラスパネル部分のみが割れているだけで、デジタイザ付き液晶は割れていないので、保護フィルムを貼ってある場合などは、フィルムの上から指のタッチなどの操作できます。

では、割れている上部のガラスパネルのみ交換できるかというと、上部のガラスパネルは、その下のデジタイザ付き液晶と接着剤で接着されているため、上部のガラスパネルのみの交換は、出来ません。

Webサイトでは、割れたガラスパネルのみを丁寧に剥がして、新しいガラスパネルを接着剤で接着する部材も売られていますが、よほどの修理店でなければ、ガラスパネルのみの交換修理はしてくれません。液晶パネル毎の交換修理となります。

ガラスパネルのみの交換は、非常に時間がかかります。また、ガラスを取り除いた液晶の表面の古い接着剤を取り除く作業に手間がかかるうえ、新しいガラスパネルを液晶に接着する際に小さなホコリなどが入ってしまう可能性が高いため、アッセンブリーパーツとして交換用のガラスパネルの接着した液晶パネルの交換となります。



非公認修理店でのApple純正部品での交換はない

Appleは、車のディーラーのように部品販売会社を設けていないので、Appleの純正部品は、Appleの正規サービスプロバイダー以外には、供給されていません。

一部の非公認修理店で、Appleの純正部品による交換修理と表記されているところもありますが、ちょっと疑問ですね。確かに、画面破損で回収した液晶部分にガラスパネルを接着した液晶パネルを使用して修理交換しているところもあるとは思いますが、ガラスパネルについては、非純正部品ですし、ガラスパネルと液晶部品を接着加工しているのもAppleの工場ではありませんので、純正部品というのはありません。


非公認修理店で使われる液晶画面の交換部品は、主に次の3つに分けることができます。

リペア品
画面割れ交換して回収した液晶パネルから割れたガラスパネルをはがしデジタイザ付き液晶となったところに、新しいガラスパネルを接着して作られた液晶パネル
リペア品の液晶パネルのことを、Apple純正部品とか純正部品相当と表記している修理店も見かけますね。
互換品
iPhoneを分解して部品のサイズ・規格を調べ、まったく別の製造工場で製造された液晶パネル
パネルのサイズなどの基本的な要素は純正部品と同じですが、デジタイザのタッチセンサーの感度や液晶の色味などについては、純正部品とは異なるコピー品となります。
インクジェットプリンターの互換インクや、車の互換部品と同じような感じです。
互換インクの場合、時間が経つと色が変化したり、発色が純正インクと異なっていたりすることがありますが、それと同じで、互換液晶パネルの中には、デジタイザの感度が悪く保護フィルムを張ると指のタッチの認識が鈍い場所やフリックが認識しない場所があったり、液晶の発色が違っていたり、液晶の反応速度が遅かったりする可能性があります。
純正部品の非正規ルートでの横流し品
Appleが部品生産を依頼している会社の更に下請け企業から横流しされた部品で組立られた液晶パネル
全ての部品が横流し品ということではなく、メインとなるデジタイザ付きの液晶部分の横流し品に純正でないガラスパネルを接着して液晶パネルのことですね。
メインのデジタイザ付き液晶を使用しているので、純正品と同じような感じもしますが、上に接着されているガラスパネルや接着剤も異なりますし、最終組み立て検査を行っている工場がApple純正品を製造している工場ではありませんので、製品チェックの基準や項目も異なるので、純正部品とは呼べないのですが、一部の修理店ではこのような液晶パネルを純正部品として表記している修理店もありますね。


修理代金の差は、交換する液晶パネルの差

修理代金の差の多くは、この交換する液晶パネルの品質の差が大きく影響しています。

仕入れ費用の高い純正部品の横流し品を利用した液晶パネルやリペア品の液晶パネルを使用しているのか、それとも安価に仕入れられる互換品の液晶パネルを使用するのかによって、画面割れの修理代金は変わります。

一概に、修理代金の高い修理店の方が、品質のいい液晶パネルとなるかとは言えませんが、激安の修理店で品質のいい液晶パネルを使用していることはほぼ無いと考えた方がいいかと思います。

液晶パネルの交換には熟練した担当者でも約20分は交換時間にかかると思います、修理依頼者の説明時間などを含めると人の顧客に30分程度の時間がかかり、仕入れ代金の発生する液晶パネルを交換して修理して2,900円というところは、修理店の利益も考えると、1000円台の仕入れ代金の液晶パネルを交換していると考えられます。その値段で品質のいい液晶を使用しているとは思えません。

確かに、交換で回収した液晶パネル(デジタイザ付き液晶部分)は、再生会社へ売却できるでという考えもありますが、修理交換用に結局は、再生会社から交換用液晶パネルを購入して交換していると考えると、売却する金額もそんなに高いとは思えません。

ただ、修理費用が高い修理店が必ず品質のいい液晶パネルを使用しているとは限りません。利益を多く取っていると考えられますしね。本来なApple Storeや正規サービスプロバイダーに修理に出せばいいのに、非公認修理店に依頼するだから、Appleの正規修理費用より少し安い金額にして大丈夫だろうという考え方ですね。


画面=液晶パネルです。液晶パネルは、iPhoneを操作する上で、ユーザーが一番触れる部分ですし、一番見る部分ですよね。

非公認修理店で画面割れ修理を依頼する時には、出来れば、交換される液晶パネルはどんなものなのか?説明してくれる修理店を選ぶことが肝心です。

実際に、修理したiPhoneを比べてみないとこの点はわからないことです。非公認修理店によっては、画面に割れによる液晶パネル交換したデモiPhoneを用意しているところもありますので、実際に触れて、液晶のタッチ具合や色味やコントラストの状況などを確認した上で修理を依頼した方がいいかと思います。

良心的な非公認修理店(なんかへんな言葉ですが)の中には、交換する部品について、純正部品では無い点、交換後の純正品との相違点などをちゃんと説明をしてくれるところもあります。




copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。