TopPage>Apple Pay>PASMO>iPhoneにパスモ(PASMO)を新規発行登録する方法

iPhoneにパスモ(PASMO)を新規発行登録する方法

iPhoneにパスモ(PASMO)を新規発行登録する方法をご紹介しています。

2020年10月6日から、PasmoがApplePayに対応しました。JR以外の鉄道やバス利用者の人は待ち焦がれていたかもしれませんね。

Suicaが2016年10月にApplePayに対応した時は、少し待てばPasmoもApplePayに対応するのかと思っていましたが、Suicaと違って1社でなく、関東地方と山梨・静岡県などの鉄道やバス会社の複数会社がかかわっているので調整が難しかったのでしょうね。(Pasmoの発行は、株式会社パスモが行っています。)




iPhoneでPASMOを新規発行する方法は2つ

iPhoneでパスモを新規発行する方法は2つあり、次の2つのアプリのどちらからでも新規にPASMOを発行することが出来ます。


Walletアプリ

Walletアプリは、iOSの標準アプリでホーム画面にアイコンが表示されているので、AppStoreからアプリをダウンロードして新たにiphoneにインストールする必要はありません。

Walletアプリアイコン

PASMOアプリ

PASMOアプリは、標準アプリではなく、PASMOを発行している株式会社PASMOが提供しているPASMOアプリをAppStoreからiPhoneにダウンロードする必要があります。

PASMOアプリアイコン

どちらのアプリで発行しても、PASMOを利用する上では違いはありません。



PASMOを新規発行する2つの方法の違う点

先ほど、WalletアプリとPASMOアプリのどちらのアプリからPASMOを新規発行してもPASMOを利用する上では違いはありませんとご説明しましたが、PASMOを発行する時には、次のような違いがあります。


PASMOを発行する上でのWalletアプリとPASMOアプリの違い

Walletアプリ
記名PASMOの新規発行は出来ない
Walletアプリにクレジットカードが登録されていることが必要
新規発行時に最低1000円のチャージが必要になる
PASMOアプリ
記名PASMOと無記名PASMOの両方が新規登録することが可能
クレジットカードが不要
新規発行時にチャージ不要でPASMOが新規発行できる




copyright©2011~2021 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。