TopPage>Apple Pay>PASMO>PASMOアプリでの新規PASMO発行について

PASMOアプリでの新規PASMO発行について



PASMOアプリは、記名・無記名の両方のPASMOの新規発行が出来る

PASMOには、氏名や住所、連絡先を登録した記名PASMOと利用者情報を登録していない無記名PASMOの2つのPASMOがあります。

PASMOアプリでは、記名PASMOと無記名PASMOの2種類のそれぞれのPASMOをiPhoneで新規に発行することが出来ます。

pasmoアプリは記名無記名両方新規発行可能

標準アプリのWalletアプリでもPASMOを新規発行することが出来ますが、新規発行できるのは無記名PASMOのみとなります。記名PASMOはWalletアプリでは新規発行することが出来ません。

iPhoneで記名PASMOの新規発行が出来るのはPASMOアプリのみとなります。



なぜ、記名PASMOの新規発行は、PASMOアプリのみなのか

記名PASMOの発行には、利用者情報をPASMOに登録する必要があります。

PASMOの利用者情報の登録管理は、PASMOを発行運営している株式会社PASMOが行っており、利用者情報の登録できるのはPASMOアプリだけだからです。

Walletアプリも、iPhoneに内臓されているフェリカICチップの有効化やチャージ金額の書き込みを行うことが出来ますが、PASMOの利用者情報は、株式会社PASMOのシステムで登録管理されているので、Walletアプリからデータ書き込みをすることはできません。そのため、Walletアプリでは、記名PASMOの新規発行登録を行うことができません。これは、SuicaAも同様で、Walletアプリから記名Suicaの新規発行登録を行うことはできません。


PASMOアプリで新規にPASMOを発行する時に準備するもの

無記名PASMOを新規発行する場合

PASMOアプリでiPhoneに新規で無記名PASMOの登録を開始する前に、次のものを用意しておきましょう

発行時に初回チャージを行う場合
Walletアプリにチャージ対応可能のクレジットカードを登録しておきましょう。
発行時に初回チャージをしない場合
特に用意するものはありません。

記名PASMOを新規発行する場合

PASMOアプリでiPhoneに新規で記名PASMOの登録を開始する前に、次のものを用意しておくといいでしょう。

クレジットカード
新規PASMO発行時に初回チャージを行う場合には、クレジットカードを用意しておきましょう。(発行時に初回チャージを行わない場合には不要です)
既にWalletアプリにチャージ対応可能のクレジットカードが登録してある場合には不要です。
VISAカードなどのWalletアプリでPASMOにチャージ対応していないクレジットカードの場合には、PASMOの新規発行時にPASMO会員登録の際に登録を行います。
連絡用メールアドレス
PASMO会員のアカウントとなる連絡用メールアドレスを用意します。(登録後の変更も可能です)
PASMO会員登録画面では、携帯メールアドレスと表記されていますが、携帯電話会社のキャリアメールでなくても、PASMOを新規登録するiPhoneで送受信できるメールアドレスを用意しましょう。
PASMOの新規発行を行う前にiPhoneのメールアプリ等に登録して送受信できるようにしておきます。
PASMOパスワード
記名PASMOは、PASMO会員登録を行う必要があります。PASMO会員のログインパスワードとするパスワードを半角8桁以上20桁のアルファベットの大文字・小文字、半角数字、半角記号の2種類以上の文字で組み合わせで用意しておきましょう。



copyright©2011~2021 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。