TopPage>Apple Pay>suicaの使い方>削除されたApple Payのsuicaは、直ぐには復活再登録出来ない

削除されたApple Payのsuicaは、直ぐには復活再登録出来ない

Apple Payでsuicaを削除する時には、次の点を十分に理解しておきましょう。

Apple Payから削除されたsuicaは、クレジットカードやプリペイドカードと異なり、直ぐには、復活・再登録することは出来ません。


Apple Payのクレジットカードやプリペイドカードは、Apple Payから削除した後、直ぐに復活・再登録することが出来るのですが、suicaについては、削除された時から少し時間を経過しないと、Apple Payに再登録することは出来ません。

特に、注意しないといけないのが、Apple Payのsuicaで電車やバスなどの交通機関にタッチセンサーをタッチして乗車中の場合には、絶対に、Walletアプリからsuicaを削除したり、強制的にsuicaがWalletアプリから削除される操作を行うことはしないようにしましょう。


直ぐにsuicaを再登録することできないため、下車する時にsuicaがタッチセンサーに反応せず、現金で乗車代金を精算する必要になります。


モバイルsuicaは、キセルなどの防止のため、モバイルsuicaを削除して直ぐには再登録できないようになっている

冒頭でもご紹介しましたが、Apple Payのsuicaを削除した場合には、Apple Payのクレジットカード・プリペイドカードと異なり、直ぐに再登録・復活することは出来ません。


削除してWalletアプリに再登録しようとすると、「現在このカードは追加できません」と表示され再登録することはできない

Walletアプリで、suicaを削除した時には、「このカードを削除しても、いつでも”Wallet”からこの残高ごと再追加することが可能です。」を表示されますが、直ぐに再追加しようとすると、「現在このカードは追加出来ません。24時間以内に追加可能になります。」と表示され追加することはできません。



Walletアプリでsuicaを削除する時の確認画面

Walletアプリからsuicaを削除する時に表示される確認画面

Walletアプリで削除後すぐに、suicaを再登録する時に表示される画面

Walletアプリからsuicaを再登録する時に表示される登録不可メッセージ


理由は、JR東日本は明確に発表してはいませんが、キセルなどの不正利用防止のために、iPhoneやアンドロイドスマフォや携帯電話などの携帯情報端末から削除した場合、数時間から最大23時間程度経過しないと他の携帯情報端末への移行登録および削除した携帯情報端末への再登録は出来ないようになっています。



モバイルsuicaには、suicaサーバーのメンテナンス時間は追加登録することは出来ない

Apple Payのsuicaは、JR東日本のモバイルsuicaをApple PayのWalletアプリを通じて利用しています。

そのため、モバイルsuicaのサーバーがメンテナンスとなる午前2時から午前4時の間の時間には、Walletアプリへのsuicaの追加を行うことが出来ません。

午前2時少し前にWalletアプリからsuicaを削除した場合、モバイルsuicaサーバーのメンテナンス時間を挟むため、最低でも2時間経過しないとWalletアプリにsuicaを再登録することは出来ません。




copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。