TopPage>iphoneの着信拒否設定方法>iPhone本体の機能で電話着信拒否した相手側はどうなるの?

iPhone本体の機能で電話着信拒否した相手側はどうなるの?

電話の着信拒否を設定した場合に、ちょっと気になるのが、着信拒否した相手側が電話をかけてた時にどのようになるのか?ですね。

ここでは、iPhone本体の機能で、電話の着信拒否を設定した場合の相手側の発信時のアナウンスなどについて、ご紹介しています。



目次インデックスメニュー
1.携帯電話会社によって、着信拒否された相手側へのアナウンスは異なります
2.留守番電話サービスの有無によって着信拒否された相手側へのアナウンスは変わる
3.携帯電話会社毎のiPhone本体の着信拒否した場合のアナウンスについて


携帯電話会社によって、着信拒否された相手側へのアナウンスは異なります

iPhone本体(iOS)の機能で着信拒否を設定しているにも関わらず、着信拒否された相手側へのアナウンスは、利用している携帯電話会社によって異なります。

iPhone本体の着信拒否を利用する場合には、自分の利用している携帯電話会社の場合のアナウンスを知っておいた方がいいでしょう。


留守番電話サービスの設定の有無によって着信拒否された相手側へのアナウンスは変わる

iPhone本体(iOS)の機能で着信拒否した相手側へのアナウンスや挙動は、留守番電話サービスの設定をオンにしているか?オフにしているか?によっても、変化します。

場合によっては、着信拒否しているにも関わらず、聞きたくもない相手の留守録をされてしまうといったことも可能性がありますので、留守番電話サービスとiPhone本体の着信拒否機能の関係もよく理解しておきましょう。



携帯電話会社毎のiPhone本体の着信拒否した場合のアナウンスについて

それでは、具体的に、携帯電話会社毎のiPhone本体機能で着信拒否した場合に相手側へながれるアナウンスと挙動について、ご紹介しますね。


ソフトバンクのiPhoneの場合

留守番電話サービスがオフの場合
着信拒否された相手側には、話中の操作音「ツー、ツー」が鳴り続けてます。アナウンスは流れません。
電話アプリの電話履歴画面には、記録されません。
留守番電話サービスがオンの場合
着信拒否された相手側には、呼び出し音が少しなった後、「電話に出ることが出来ません。ピーと言ったらお名前とご用件をお話しください。」とアナウンスが流れ、通常の留守番電話サービスにつながります。
伝言が録音された場合には、電話アプリの留守番電話に新しい留守録として表示されます。

ソフトバンクのiPhoneの場合には、留守番電話サービスをオン(有効)にしていると、iPhone本体の着信拒否を設定してあっても、留守番電話への録音をされてしまうので、実質的に、着信拒否していないのと同じ状況になってしましますね。

ソフトバンクの留守番電話サービスは、auやドコモと異なり、料金プランによっては、無料で利用できるのですが、iPhone本体の着信拒否機能については、ちょっと残念な感じですね。


auのiPhoneの場合

auの場合には、ちょっと複雑です。

auのiPhoneで本体機能の着信拒否を設定して利用する場合には、留守番電話サービスの設定に注意する必要があります。

留守番電話サービスがオフの場合
着信拒否された相手側には、呼び出し音がほとんど鳴らずに、「電話をお呼びしましたが、お出になられません。」とアナウンスが流れます。
着信履歴には表示されません。
留守番電話サービスがオンの場合
留守番電話サービスをオンにするときに、1412に発信して「常時」に設定した場合には、先程のソフトバンクの時と同じ様に、留守番電話サービスに接続されます。
留守番電話サービスをオンにする時に、1411に発信して「無応答時」「話中時」に設定した場合には、着信拒否された相手側には、呼び出し音がほとんど鳴らずに、「電話をお呼びしましたが、お出になられません。」とアナウンスが流れ、留守番電話サービスへはつながらす、着信拒否されます。

ドコモのiPhoneの場合

留守番電話サービスがオフの場合
着信拒否された相手側には、話中の操作音「ツー、ツー」が鳴り続けてます。アナウンスは流れません。
電話アプリの電話履歴画面には、記録されません。
留守番電話サービスがオンの場合
着信拒否された相手側には、呼び出し音がほとんど鳴らずに、留守番電話サービスのアナウンスがながれ、留守番電話サービスにつながります。

ドコモの場合も、留守番電話サービスをオンにしているとiPhone本体の着信拒否設定をしても、着信拒否にならず、残念な結果になりますね。


留守番電話サービスを利用する場合には、ソフトバンクとドコモのiPhoneの場合には、携帯電話会社の提供している迷惑電話対策サービスを利用して着信拒否をした方がいいでしょう。

auのiPhoneの場合には、留守番電話サービスを設定する際には、1411の発信で「無応答時」と「話中時」のみ留守番電話サービスが有効になるように設定をしておくことが肝心ですね。




copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。