TopPage>標準アプリ>連絡先アプリ>iCloudで特定の連絡先データのみを復元する方法

iCloudで特定の連絡先データのみを復元する方法

ここでは、iCloud上に保存されているiPhoneバックアップデータから特定の連絡先データのみを復元する方法をご紹介しています。

連絡先データ全体を復元する方法は、こちらのページをご覧ください。



特定の連絡先データのみを復元する手順
1.iCloudの連絡先同期設定を確認する
2.パソコンのWebブラウザーでiCloud.comにサインインする
3.iCloudの設定アプリを開く
4.連絡先の復元画面を開く
5.復元するiPhoneバックアップデータを選択し実行する
6.復元された連絡先データから特定(個別)の連絡先データを検索する
7.個別の連絡先データのみを個別にメールにファイル出力する
8.復元する前の連絡先データに復元する
9.個別出力した連絡先データを連絡先アプリに取り込む
注意事項
ここでご紹介している方法では、連絡先に設定されている次の項目については、復元されません。
着信音設定
メッセージ受信音設定
バイブレーション設定
メモ欄
リンク済み連絡先設定


5番目までの手順は、連絡先データ全体を復元する方法と同じとなります。1から5番目までの方法については、こちらのページをご覧ください。


6.復元された連絡先データから復元したい連絡先データを検索します

5までの処理で、iPhoneには、選択した連絡先アーカイブの連絡先データになっていますので、その中から、復元したい特定の連絡先データを連絡先アプリの検索機能で、検索します。


連絡先アプリを開きます

ホーム画面の連絡先アプリアイコンを指でタップして、連絡先アプリを開きます。

電話アプリの連絡先検索機能を利用してもOKです。

連絡先アプリアイコン

検索機能で、復元したい連絡先データを検索します。

説明はいらないと思いますが、検索欄に名前などを入力して、個別に復元したい連絡先を検索します。

電話アプリ_連絡先タブ画面




個別の連絡先データをファイル出力する

連絡先画面を指で下にずらすと、連絡先を送信という項目があります。

この「連絡先を送信」を指でタップします。

特定連絡先データの連絡先送信

アクション(モーダルビュー)画面が表示されますので、そのに表示されているメール送信アイコンを指でタップします。

連絡先送信のモーダルビュー画面

メール送信画面が表示されますので、宛先を自分宛にして、メールを送信します。

特定連絡先データをメールで送信する画面

8.iCloud連絡先の復元する前の連絡先データに戻す(復元する)

このままの状態だと、iCloudにあるバックアップファイル時点の連絡先データになるので、ここで、iClouodの連絡先の復元機能を使って、復元作業を行う前の連絡先データに戻します。

復元作業を行う前の連絡先データに戻す手順は、以下となります。

1.パソコンのWebブラウザーでiCloud.comにサインインする
2.iCloudの設定アプリを開く
3.連絡先の復元画面を開く
4.復元する前のiPhoneバックアップデータを選択し復元を実行する
iCloudの連絡先データの復元を行うと復元前の連絡先データがアーカイブとして保存されていますので、その連絡先アーカイブを選択して復元を行います。

9.個別出力した連絡先データをiPhoneの連絡先アプリに取り込む

7でメール出力した連絡先データを次の手順で、iPhoneの連絡先アプリに取り込みます。

受信メールを開く

連絡先データの添付されたメールを開きます。


添付ファイルをタップする

メールに添付されている連絡先.vcfファイルを指でタップして、出力された連絡先データを表示させます。

特定連絡先データのメール受信画面

連絡先アプリに追加登録する

出力された連絡先データが表示されますので、画面を下にずらして表示される「既存の連絡先に追加」という項目を指でタップします。

受信した連絡先データの追加画面

以上で、特定の連絡先データのみを復元されます。特定の連絡先データが複数ある場合には、同様に全ての個別の連絡先データを追加登録します。




copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。