TopPage>標準アプリ>連絡先アプリ>連絡先をiCloudを利用して同期する方法

連絡先をiCloudを利用して同期する方法

連絡先の同期で一番簡単で利用する人が多いのが、このiCloudを利用した連絡先の同期ですね。

iCloudを利用した連絡先の同期は、iphoneとiPadの両方をお持ちの人や、iPhoneとパソコンをお持ちの人にとっては、非常に便利で重要なことです。

ここでは、iPhoneの連絡先をiCloudで同期する方法についてご紹介しています。


iCloudで連絡先を同期するための方法手順

iCloudを利用して連絡先を同期する方法は、とても簡単で次の手順で設定します。

iCloudにサインインする
設定アプリのiCloudの設定画面で連絡先機能をオンにする
連絡先を同期したいそれぞれの機器(ipadやiPhone、パソコン)でiCloud設定の連絡先機能をオンにします。

1.iCloudにサインインする

iCloudを利用して連絡先を同期するには、連絡先を同期したい機器(ipadやiPhone、パソコン)で、同じApple IDでiCloudにサインインする必要があります。


設定アプリを開きます

ホーム画面の設定アプリアイコンを指でタップして、設定アプリを開きます。

設定アプリアイコン

iCloudの設定画面を開く

表示された設定アプリ画面を指で下にスライドさせ、iCloudという項目を表示させます。

icloudの項目を指でタップして、iCloudの設定画面を開きます。

設定アプリ_iClodu項目

iCloudにApple IDでサインインする

iCloudを利用するには、Apple IDでサインインする必要があります。

iCloudにサイン中の場合

既にiCloudにサインインしている場合には、icloud設定画面にサインインしているApple IDが表示されています。

iCloudサインイン状態

iCloudにサインインしていない場合

iCloudにまだサインインしていない場合には、icloud設定画面の上部にApple IDとパスワードの入力欄が表示されています。

その入力欄に、iCloudでサインインするApple IDとパスワードを入力して、入力欄の下に表示されているサインインアイコンを指でタップして、iCloudにサインインします。




設定アプリのiCloudの設定画面で連絡先機能をオンにする

iCloudの設定画面の連絡先の項目をオン(グリーン)にします。

グリーンになっている場合には、既に連絡先がiCloudと同期されている状態です。

iPhone_iCloudの連絡先設定画面

オフからオンに設定を変更すると、「iPhoneの連絡先をiCloudにアップロードして結合しますか?」とメッセージが表示されますので、結合を指でタップして選択します。

iPhoneの連絡先とiCloudの連絡先が結合されると同期が開始されます。

iphone_iCloud連絡先結合メッセージ



copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。