TopPage>標準アプリ>写真>写真のEXIF(イグジフ)情報について

写真のEXIF(イグジフ)情報について

iphoneのカメラで写真を撮影するなら、撮影された写真に含まれるExif(イグジフ)情報について少し理解しておくといいと思います。

デジカメで写真を撮影すると、Exif(イグジフ)という情報が自動的に写真ファイルに保存されます。

iPhoneのカメラもデジカメと同様に、Exif情報が撮影した写真ファイルに書き込まれ保存されています。

写真に書き込まれているExif情報は、どんな情報かというと、簡単に言うと、次の二つの情報が書き込まれています。

写真を撮影したカメラの情報
撮影したデジタルカメラの型式(モデル名)情報
シャッター速度やフラッシュの有無等の情報
写真を撮影した日時場所情報
写真を撮った時間まで含む日時情報
撮影した場所情報(緯度・経度・標高情報)が記録されます






目次・メニュー
1.Exifに含まれる情報
2.写真にExif(イグジフ)情報が書き込まれる理由


Exifに含まれる情報

冒頭で、Exif情報は、簡単に言うと、「写真を撮影したカメラの情報」と「写真を撮影した日時場所情報」の二つの情報ですよとご紹介しましたが、もう少しExif情報として書き込まれている項目について、ご紹介しますね。


写真を撮影したカメラの情報に含まれるもの

写真を撮影したカメラ情報に書き込まれるものは、以下の項目情報です。

  • カメラの製造元
  • カメラのモデル名
  • 絞り値(F値)
  • 露出時間
  • ISO速度
  • 露出補正
  • 焦点距離
  • 最大絞り
  • 測光モード
  • 被写体の距離
  • フラッシュモード
  • レンズメーカー
  • レンズモデル
  • フラッシュメーカー
  • カメラ製造番号
  • コントラスト
  • 明るさ
  • 光源
  • 露出プログラム
  • 彩度
  • 鮮明度
  • ホワイトバランス
  • 光度測定解釈
  • デジタルズーム
  • Exifバージョン

写真を撮影した日時場所情報に含まれるもの

写真を撮影した日時場所情報に書き込まれるものは、以下の項目情報です。

  • 撮影日時
  • 撮影場所の緯度
  • 撮影場所の経度
  • 撮影場所の高度
  • 撮影方向(カメラの向き)





写真にExif(イグジフ)情報が書き込まれる理由

なぜ、iPhoneのカメラをはじめデジカメで写真を撮るとこのようなExif情報が写真に書きこまれるのでしょうか?

それは、撮影した写真のデジタル情報(Exif情報)があると、次のようなケースでとても便利だからです。


最適な写真表示・印刷(プリントアウト)が出来る

撮影した写真のExif情報があると、アプリやソフトで、写真を表示したり印刷(プリントアウト)する時に、表示サイズや印刷サイズなど写真を適切な形で表示やプリント出力をすることが簡単に行えるからです。

写真を表示したり印刷をするアプリやソフトは、写真を表示したり、印刷する時に、写真に含まれているExif情報を読み込み、それらの情報を考慮して、写真を表示したり、印刷しています。(アプリやソフトによっては利用していない場合もあります。)

Exif情報があるおかげで撮影した時と同じような写真を簡単に表示したり、印刷することが可能になるのです。


写真加工処理する時の基本情報として利用できる

最近では、とても簡単に画像処理することが出来るアプリやソフトが出ていますね。

写真を加工する時にも、写真に含まれているExif情報は活用されています。

画像加工アプリやソフトで自動修正や自動加工を行う時には、アプリやソフトは、写真に書き込まれているExif情報を利用して、自動修正や自動加工を行っています。(アプリやソフトによっては利用していない場合もあります。)


プロのカメラマンやフォトショッパーの人にとっては重要な写真情報

プロのカメラマンやフォトショッパーと呼ばれるようなプロの画像加工処理の人にとっても、写真の修整や画像処理をする時に、写真に書き込まれているExif情報を参考にしています。







撮影した写真の整理に役立つ

最初にご紹介したように、写真のExif情報には、写真を撮影した日時と場所(GPSの緯度、経度、高度)が書き込まれています。

この情報があることで、写真を撮りためておいても、簡単に撮影した場所や、日時で分類や整理をすることが可能になります。


プライバシー情報の漏洩には注意が必要

撮影した写真の整理に便利なExif情報ですが、写真をLINEやFacebookなどのSNSにアップする時や、メールで誰かに送付する時には、写真に書き込まれているExif情報から、あなたがいつどこでこの写真を撮影したかがバレバレになってしまいますので注意が必要です。

SNSに写真をアップする時や、メールで他の人に送信する時には、Exif情報のプライバシー情報に関する情報は削除するようにしましょう。

最近では、主要なSNSの場合には、SNS側でアップされる写真のExif情報を自動的に削除されるようになっています。

自動的にExif情報が削除されるのはとても便利なのですが、あまり気にする必要がなくなると、メールアプリなどで他の人に写真を送信する時など、ついExif情報を削除し忘れるなってこともありますので、注意しましょう。




copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。