TopPage>標準アプリ>写真>iOS8になって削除した写真が30日以内なら復元できる

iOS8になって削除した写真が30日以内なら復元できる

iOS8の新機能の目玉の一つに、標準アプリの写真アプリの変更がありますね。
今まであったらいいのにな、と思う機能で、削除した写真を元に戻どす機能でしたが、ついに、日数制限等はありますが、写真アプリで削除した写真が30日以内なら復元することができるようになりました。

iOS8のiphoneなら、写真アプリで削除した写真を30日間いないであれば、復元することができます。


写真アプリで削除した写真の復元する方法

iOS8になって、写真アプリで削除アイコンで削除した写真は、30日間の間は、完全削除されずに、最近削除した項目というアルバム内に保存されています。
日数制限のあるパソコンのゴミ箱のような感じですね。

それでは、写真アプリで削除した写真を復元する方法をご紹介します。

1.写真アプリのアルバムを開きます

写真アプリのタブバーに表示されているアルバムアイコンを指でタップして開きます。

ios8_写真アプリ_タブバーのアルバムアイコン

2.アルバムの中から最近削除した項目を開きます

表示されているアルバム一覧から、最近削除した項目を指でタップして開きます。

ios8_写真アプリ_アルバム一覧画面

3.最近削除した項目一覧から復元する写真を選択する

写真アプリで削除した写真の一覧が表示されます。
表示されるのは、削除してから30日以内の写真になります。

写真一覧の写真を見ると、写真内に白数字が表示されているのが分かると思います。この数字は、この写真が、この最近削除した項目に保存される残りの日数を表示しています。

iOS8_写真アプリ_最近削除された項目説明画面

復元した写真を表示された最近削除した項目アルバムの写真から指でタップして選択します。

iOS8_写真アプリ_最近削除された項目画面で復元した写真を選択

4.写真を復元をタップする

選択した写真が表示されますので、下に表示されているタスクバーの「復元」を指でタップします。

ios8_写真アプリ_写真を復元タスクバー復元アイコン

復元の確認画面が表示されるので、写真を復元を指でタップすると写真が復元されます。

ios8_写真アプリ_写真を復元の確認画面

写真アプリの写真を完全に削除する方法は、こちらをご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。