TopPage>iphoneの基本操作使い方>パスワードとパスコード>忘れたパスコードの解除方法(認証されたiTunesがあり、「iphoneを探す」がオフの場合)

忘れたパスコードの解除方法(認証されたiTunesがあり、「iphoneを探す」がオフの場合)

ここでは、iPhoneのパスコードを忘れた時に、認証されたiTunesパソコンがあり、「iPhoneを探す」がオフの場合のパスコードの解除方法をご紹介しています。


認証されたiTunesパソコンとは、パスコードを忘れたiPhoneでそのパソコンのiTunesに接続して認証処理が行われているiTunesがインストールされているパソコンの事です。

iTunesがインストールされているパソコンでも、一度もそのiPhoneを接続したことがないパソコンの場合には、ここでご紹介しているパスコードの解除方法は、行うことは出来ません。

認証されたiTunesパソコンが無い場合のiPhoneのパスコードの解除方法については、こちらのページをご覧ください。


また、認証されたiTunesパソコンがあっても、パスコードを忘れたiPhoneの設定で「iPhoneを探す」がオンになっている場合にも、ここでご紹介しているパスコードの解除方法は、行うことは出来ません。

認証されたiTunesパソコンが無い場合や、パスコードを解除したいiPhoneに「iPhoneを探す」が有効に設定されている場合には、ここでご紹介しているパスコードの解除方ではなく、別の解除方法を行う必要があります。




パスコードの解除を実行する前に知っておく注意点

パスコードの解除方法を行う前に、次の2点を理解しておいてください。


パスコードの解除方法で必要な条件

ここで紹介しているパスコードの解除方法では、次の2点の条件が揃っていることが必要になります。

  • iphoneが認証されたiTunesパソコンがあること
  • iphoneを探すがオフになっていること

今のiPhone内部のデータが、必ず元に戻るわけではない

ここでご紹介しているパスコードの解除方法は、iPhoneのパスコードを解除する方法の中では、一番、iPhone内部のデータの損失(消去される可能性)が少ない方法ですが、今のiPhone内部のデータの一部は、消えてしまう可能性がありますので、その点を理解の上、自己責任で実行してください。

パスコード解除するには、必ず、iPhoneの初期化が必要となります。ここでご紹介している方法でも、iphoneの初期化を行います。そのため、一旦、iPhone内部のデータは工場出荷の空の状態になります。

ただし、認証されたiTunesパソコンで「iphoneを復元…」を実行すると、iPhoneの初期化の直前のバックアップデータが保存されるので、パスコードを解除した後でiPhoneの初期化直前のiTunesバックアップデータを復元することで、どの方法よりもパスコードを解除する前のiPhoneの状態に戻りますが、次のデータについては、消去する可能性があります。

  • iTunesバックアップデータに含まれないデータ
  • AppStoreからすでに消えてしまったアプリデータ


パスコードを解除した後のiPhoneのデータについて

iTunesパソコンを使用したiPhoneパスコード解除方法を行うと、解除後のiPhone内部のデータは、次の2つのパターンのいずれかになります。

iTunesバックアップに暗号化がオンになっていて、暗号化パスワードも分かる場合
操作手順を間違わなければ、基本的にパスコードを解除するiPhoneのデータは、暗号化バックアップで保存されないデータと既にAppStoreから無くなってしまっているアプリデータを除いて、保持されます。
iTunesバックアップに暗号化がオフになっていている場合
基本的にパスコードを解除するiPhoneのデータは、暗号化していないバックアップでデータ復元されますので、暗号化がオンになっている場合よりも多くのデータが無くなります。
暗号化バックアップで保存されるデータ暗号化していないバックアップの保存されるデータの違いについては、こちらのページをご覧ください。


認証されたiTunesパソコンを利用したiPhoneパスコードの解除方法

まず最初に、手順をご紹介します。


iPhoneを認証パソコンに接続する

認証パソコンのiTunesを開く

認証パソコンのiTunesを開きます。

iTunes認証パソコン
過去にパスコードを忘れたiPhoneが認証(接続)されたことのあるiTunesのインストールされているパソコンのことです。
iTunesアイコン_win10

USBケーブルでiPhoneを接続する

認証パソコンにUSBケーブルでiPhoneを接続します。

iPhoneが接続されるとiTunesメニューバーにiPhoneのアイコンが表示されます。

iTunesメニューバーのiPhoneアイコンをマウスでクリックします。

iTunes_iPhone接続直後アイコン



認証されたパソコンであっても、iTunesとの接続ができない場合があります。

つぎのような画面が表示された場合は、忘れてしまったパスコードが分からないと先に進めません。

この場合には、リカバリーモードでiTuesに接続します。

iTunes接続iPhone応答メッセージ画面


iPhoneの復元を行う

「iPhoneを復元・・・」を実行します

iPhone6S(ご自分のiPhoneのバージョン名)が表示されている枠の中にある「iPhoneを復元・・・」という項目をマウスでクリックして、「iPhoneを復元・・・」を実行します。

iTunes_iphoneを復元



バックアップが表示されている枠にある「バックアップを復元」ではありませんので、注意してください。バックアップを復元を実行すると、バックアップデータに復元されてしまい、現在のiPhone内部のデータが変更されてしまいます。

iTunes_バックアップ復元ではない


iphoneのバックアップを行う

接続しているiPhoneのバックアップメッセージ画面が表示されますので、「バックアップ」を選択して実行します。

iTunesパスコード解除_バックアップ選択画面

iphoneの復元を行う

バックアップが完了すると、iPhoneの復元を行う確認メッセージ画面が表示されますので、復元を選択して実行します。

実行ボタンをクリックした後に、Appleの規約画面と同意画面が表示されますので、確認して進みます。

iTunesバスコード解除_復元確認メッセージ画面

復元後のiPhoneの再起動を待ちます

iPhoneの復元を実行すると、iTunes画面はメニューバーのインフォメーション欄に状況が表示されます。

復元が完了して、iPhoneが再起動するまで、そのままで待ちます。

iTunes_iphone復元中画面

iPhoneの初期設定を行う

iphoneが再起動したら、初期設定を行います。

途中にパスコードの設定画面がありますので、そこで新しパスコードを設定します。

今度は、忘れないように注意しましょう。

iphone_アクティベーション_こんにちは

iPhoneのAPPとバックアップ画面でiTunesバックアップから復元を選択します

再起動したiPhoneの初期設定を行うと「APPとバックアップ」設定画面が表示されますので、メニューからiTunesバックアップから復元を指でタップして選択します。

iTunes_iPhone-APPとバックアップ設定画面

あとは、iTunesバックアップの復元が完了するのを待てば完了です。

新しく設定したパスコードは忘れないようにしましょう。

尚、まれに、iphoneのAPPとバックアップ設定画面で、iTunesバックアップから復元を選択してしばらくたっても、復元が始まらない時があります。この時には、新しいiPhoneとして設定した後に、バックアップ復元を行います。方法については、こちらのページをご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。