TopPage>iphoneの基本操作使い方>iPhoneの動作不良の対処方法>iphoneのアプリをタップしてもすぐに消えてしまう現象について

iphoneのアプリをタップしてもすぐに消えてしまう現象について

ここでは、iPhoneのアプリを指でタップしてもすぐに消えてしまう現象の原因と対処方法について、ご紹介しています。

いつもつかっていたiphoneのアプリのアイコンをタップすると、途中まで開くけど、すぐに消えてしまうなんて現象に困ることがあります。

アイフォン初心者の人は、自分は特別何もしていないのに、なんでアプリが開かないだとあわててしまうかもしれませんね。


アイフォンビギナーズも最初はちょっと戸惑いましたね。アプリが開こうとして途中でしぼむように終了してしまうのは、ちょっと待ってよって感じですね。

でも大丈夫です。ほとんどの場合は、ほんのちょっとの操作で問題は解消されますよ。


iphoneアプリが起動途中(開く途中)で消えてしまう原因と対処方法

iPhoneアプリが起動途中(開く途中)で消えてしまう、終了してしまったら、あわてずに、もう一度、アプリアイコンをタップしてアプリを開いてみましょう。
それでも、アプリが開く途中で終了してしまう場合には、次の原因が考えられます。

  • アプリのアップデートがある場合
  • アプリ自体に問題がある場合
  • iPhoneOSのアップデートを行った場合

これから、それぞれの場合の対処方法をご紹介していきますが、各対処方法を行う前には、念のため、アイフォンのバックアップを取ってから対処方法を行うようにお願いします。


アプリのアップデートがある場合

アプリが開く途中で終了してしまうというケースでは、このアプリのアップデートが原因の場合が最近は多いかもしれませんね。

以前は、アプリのアップデートがあっても、一度インストールしたアプリは、iPhoneOSをアップデートするなどしなければ、ほとんどが問題なく利用できていましたが、最近のアプリの中には、クラウド機能を利用して、アプリの利用するデータをアプリを提供する会社などのデータベースに参照するアプリが増えてきています。

そのようなアプリの場合、アプリの新しいアップデートが配信されると、アプリをアップデートしていないと、アプリを開こうとしても途中で終了していますという現象が起きることがあります。クーポン発行のアプリとか、行き先検索アプリや、ナビゲーションアプリなどのアプリの一部がそうですね。さっきまで普通に開いていたのにとちょっと焦りますよね。



対処方法
アプリのアップデートの有無の確認
まず、AppStoreアプリを開いて、アップデートのタブをタップして開いて、途中で終了していますアプリにアップデートが無いか確認します。
あわててすぐにアップデートを行うのはちょっと待ってください。念のため、iphoneのバックアップを取ってから行うことをお勧めします。
アプリのアップデートでiPhoneがおかしくなるケースは少ないですが、できれば、iphone初心者の人は、iphoneのバックアップを取ってから行うことをお勧めします。アップデートの途中で、通信が切断されるなどした場合には、最悪の時は、アップデートするアプリのデータや設定が消えてしまうこともありますのでね。
アプリのアップデートする(アップデートがある場合)
アプリのアップデートがある場合には、アプリのアップデートを行います。
1.iphoneがWifi接続できる場所に行くか、iTunesのインストールされているパソコンに接続するかします。
2.AppStoreアプリのアップデート画面で、該当するアプリの右上に表示されているアップデートをタップします。
3.アプリの右上のアップデートという表示が開くと変わりましたら、開くの部分をタップするとアプリが起動します。

アプリ自体に問題がある場合

アプリのアップデートもしていないのに、アプリをタップしてもすぐに消えてしまう場合には、次の対処方法を試してみましょう。

iPhoneアプリもパソコンのソフトと同じなので、場合によっては、アプリ自体にバグと呼ばれる不具合があり、アプリを開こうとしても終了してしまったり、途中で固まったりすることがあります。

アプリのアップデートが無い場合には、アプリ自体の不具合が原因の場合があります。


対処方法その1:アプリの強制再起動
アプリを再起動する
ホームボタンをダブルクリック(2回続けて押します)すると、今、開かれている(起動している)アプリが表示されますので、画面を右にドラッグ(スライド)させて、問題となっているアプリがあるか確認します。ある場合には、表示されているアプリの画面に指をあてて指を離さずに上にドラッグ(スライド)させます。これで、アプリが強制終了されました。
ホームボタンを一度押すと、iPhoneの画面は、ホーム画面(アプリが並んでいる最初の画面)になりますので、問題となっているアプリをタップして、起動させて(開いて)みましょう。このようなアプリの再起動で直るケースもあります。


対処方法その2:iPhoneの再起動

アプリの再起動でも問題が解消されない場合には、iPhoneの再起動を行ってみましょう。

iphoneの電源を入れなおす(iPhoneの再起動)
iPhoneの再起動の方法は、スリープボタンを長押します。長押しすると、「スライドして電源オフ」が表示されますので、その部分をスライドします。
これで、iphoneの電源が切れます。iPhoneの電源が切れた後10から20秒した後に、スリープボタンを長押して電源をいれます。

iPhoneOSのアップデートを行った場合

アプリの問題ではなく、iPhoneOSに問題がある場合もあります。iPhoneOSは、常に改良や改善がおこなわれており、必要に応じて、AppleからiPhoneOSのバージョンアップ(アップデート)が行われます。

このiPhoneOSのバージョンアップには、大きく2種類あって、メジャーバージョンアップ(メジャーアップデート)と普通のバージョンアップ(アップデート)があります。普通のバージョンアップの場合には、あまりありませんが、メジャーバージョンアップの場合には、それまで利用していたアプリが使用できなるケースがあります。

メジャーバージョンアップは、iPhoneOSの大きな部分(基本部分)の改良のアップデートで、今までの機能が無くなったり、今までの機能が新しい機能に変更されたりします。そのため、変更となった機能を利用していたアプリの中で、アプリが起動しないということが起きます。


対処方法その1:iPhoneOSのメジャーアップデートはアプリの対応状況を確認してから行う

すでに、メジャーアップデートを行ってしまった場合の対処にはなりませんが、iPhoneOSのメジャーアップデートが配信(公開)された時には、ご自分が利用してるアプリが新しいiPhoneOS(iOS)で利用できるのかどうか確認した上で、メジャーアップデートを行いましょう。

対処方法その2:アプリの対応を待つ

アプリによっては、メジャーバージョンアップに対応したアプリのアップデートを配信されるので、アプリ製作元がアップデートを出すのを待ちましょう。ただし、アプリによっては、対応されない場合には、そのアプリの利用を諦めることになることもあります。





One Response to iphoneのアプリをタップしてもすぐに消えてしまう現象について

  1. おにぎり より:

    アプリをタップして、起動したと思ったら
    ホーム画面に戻されてしまいます、
    アプリの再起動や電源を一回おとしてみたり、
    他のサイトで書かれていた解決方法の
    無料のアプリをダウンロードしてみたり、
    Memory statesというアプリをダウンロードしたりとやってみましたが
    どれもうまく行きませんでした(´・ω・`)

    そのアプリを使ってる他の人は、
    どうやら使えているみたいなので
    アプリ自体に問題はなさそうです。

    ちなみに、携帯の容量を確認してみましたが、
    44GB残っていました。

    何が原因なのでしょうか??
    解決方法はありますか???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。