TopPage>iphoneメール>Gmail(ジーメールアドレス)の設定方法

Gmail(ジーメールアドレス)の設定方法

ここでは、Gmailを送受信するためのiPhoneの設定方法についてご紹介しています。

iphoneでは、携帯電話会社(キャリア)が発行したメールアドレス以外にも、Gmail(ジーメールアドレス)でメールの送受信を行うことができます。

iphoneでGmailを使用するには、次の二つの方法があります。

(Gmailとは、googleが提供している無料で使用することのできるメールです。)




Gmailを標準アプリのメールアプリで使用する時のメリットとデメリット

Gmailを標準アプリのメールアプリで使用する場合には、次のメリットとデメリットがあります。

メリット

追加アプリのインストールが不要
標準アプリを使用するので、Gmail専用のiPhoneアプリをインストールする必要がありません。
標準アプリを使用するので、操作方法についても新しく覚える必要がりません。
携帯メールアドレスと同時にメール確認できる
標準アプリでは、設定しているメールアドレスをまとめて受信メール確認することができます。

デメリット

リアルタイムでメール受信されない
Gmailの場合は、標準アプリの設定で、メール受信のプッシュ設定に対応していませんので、一定間隔でメール受信確認をするフェチ設定となります。


標準アプリのメールアプリでGmailを送受信するための設定方法

標準アプリのメールアプリでGmailを送受信するためには、次の操作手順で設定を行います。


1.設定アプリのメール設定画面を開く

設定アプリアイコンを指でタップして設定アプリを開きます。

iPhone設定アプリアイコン

メール/連絡先/カレンダーの項目を指でタップして、メール設定画面を開きます。

設定アプリ_メール連絡先カレンダー項目

2.メールアカウントを追加」画面を開く

メール設定画面で、「アカウントを追加」の項目を指でタップします。

標準メールアプリ_Gmail設定画面01

3.Googleを選択する

「アカウントの追加」画面でGoogleを指でタップします。

標準メールアプリ_Gmail設定画面02




4.Gmail画面でログインする

Gmail用のアカウントログイン画面で表示されますので、この画面で、メールアドレスとパスワードを入力します。

メールアドレスは、ドメイン(@gmail.com)まで入力します。

メールアドレスとパスワードを入力したら、ログインアイコンを指でタップします。

標準メールアプリ_Gmail設定画面03

5.Googleの他の機能との同期を設定する

Gmailのメールアドレスは、Googleのいろいろなサービスのアカウントにもなっています。

GoogleのサービスでiOSで同期出来る「連絡先」、「カレンダー」、「メモ」についての同期の設定を行います。

画面右下に表示されている許可を指でタップします。

尚、表示されたGmail画面を見ると、有無の言わさず「連絡先」、「カレンダー」、「メモ」と同期されるように思われますが、ここでは、あくまでも、iOSの連絡先、カレンダー、メモとの同期を設定するために、ユーザーがiOSの連絡先、カレンダー、メモにアクセスすることの許可の確認画面です。同期の設定は、この後に画面で行います。

標準メールアプリ_Gmail設定画面08

6.Gmail画面でメールをオンにする

Gmailの送受信を行うためには、メールの同期をオン(緑)に設定します。

連絡先とカレンダー、メモについては、必要に応じて同期の設定をします。

Gmailの送受信だけを行うなら、連絡先、カレンダー、メモの同期はオフ(グレー)にします。

設定したら、ナビゲーションバーに表示されている保存ボタンを指でタップします。

標準メールアプリ_Gmail設定_同期項目設定画面09

7.データの取得方法を設定する

ここまでの設定で、標準メールアプリへのGmailアドレスが追加されました。

次に、追加登録したGmailのメール受信確認の設定を行います。


メール/連絡先/カレンダーの設定画面に表示されている「データの取得方法」の項目を指でタップして開きます。

標準メールアプリ_Gmail設定画面10

Gmailの受信間隔の設定を行う

Gmailアドレスを追加登録した直後は、Gmailアドレスのデータ取得方法は指定されていません。

画面のGmailのところを指でタップして、Gmailアドレスのデータ取得方法設定画面を開きます。

標準メールアプリ_Gmail設定画面11

Gmailの受信のスケジュール設定を行う

フェチまたは、手動のどちらかのデータ取得設定を行います。設定は、項目を指でタップしてとレ点が付いたものが設定されています。

フェチまたは手動を選択したら、ナビゲーションバーに表示されている「データの取得方法」のところ指でタップして、データの取得方法設定画面に戻ります。

標準メールアプリ_Gmail設定画面12

(フェチ設定をした場合のみ)受信メールを確認する時間間隔を設定します

データの取得設定画面の下半分に表示されているデータ取得時間を選択します。

尚、フェチ設定のデータ取得間隔時間は、標準メールアプリに登録しているメールアドレスで共通の設定となります。個別の設定をすることはできません。

プッシュ設定が出来るメールアドレスについては、個別にプッシュ設定をすることができます。

Gmailアドレスの場合は、フェチ設定か手動設定しか設定できません。

標準メールアプリ_Gmail設定画面13

以上で、標準メールアプリにGmailアドレスの追加設定は終了です。




copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。