TopPage>iphoneの各部名称・用語と機能>iOSについて>スクリーンショットの変更点と操作方法-iOS11の新機能

スクリーンショットの変更点と操作方法-iOS11の新機能

ここでは、iOS11になって変更されたスクリーンショット(画面コピー)について、ご紹介しています。

iOS11になって、iPhoneの画面をコピーする機能のスクリーンショットが大きく変更になっています。

iOS11のスクリーンショット
(画面コピー)の変更点
1.ホーム画面の左下にサムネイル画像が表示される
2.サムネイル画像をタップすると編集モードになる

1.ホーム画面の左下にサムネイル画像が表示される

iOS11からは、iPhoneの画面コピー(スクリーンショット)と取ると、撮影した画面の左下隅に撮影した画面コピーのサムネイル画像が表示されます。

画面コピー(スクリーンショット)の撮り方(ホームボタンとスリープボタン(電源ボタン)を同時に押す)には、変更ありません。

iOS11_スクリーンショット_サムネイル画像

画面左下隅に表示されたサムネイル画像は、数秒で消えます。

また、すぐにサムネイル画像を消したい時には、サムネイル画像を指で左にスワイプ(はじき飛ばす)とサムネイル画像は消えます。

iOS11_スクリーンショット_サムネイル画像を消す方法

尚、サムネイル画像が消えても今まで通り、写真のカメラロールフォルダーには、撮影した画面コピー(スクリーンショット)は保存されています。



2.サムネイル画像をタップすると編集モードになる

iOS11のスクリーンショットがホーム画面に左下隅にサムネイル表示される理由は、素早くスクリーンショットを編集することが出来るようにするためです。

画面コピー(スクリーンショット)を取る時って、撮ったスクリーンショットに矢印や目印を加えたり、文字を書き加えたりする時が多いと思います。

iOS10までは、スクリーンショットに加工や文字を加えたりする場合には、写真編集アプリを開いて、修整するスクリーンショットをカメラロールから選択する必要がありました。特段、難しいということではありませんが、ちょと手間でしたよね。


iOS11からは、表示されているサムネイル画像を指でタップするだけで、スクリーンショットの編集画面が開いて、簡単に文字を加えたり、修整をしたりすることが出来るようになりました。

iOS11_スクリーンショット_サムネイル画像をタップして編集

スクリーンショット専用の画像編集画面が表示されます。

画面の下に、編集用ツールがされていますので、ペンの種類と色を選択して、指で画面をなでると線を引くことができます。

iOS11_スクリーンショット_編集画面

編集ツールの右端にあるプラスアイコンを指でタップすると、文字入力や範囲指定などの編集ツールを利用することが出来ます。

iOS11_スクリーンショット_文字等編集ツールメニュー画面

編集ツールの左端にあるアクションボタンをタップすると、加工したスクリーンショットをメールに添付したり、コピーして他のアプリで使用したりすることができます。

iOS11_スクリーンショット編集_アクションボタンメニュ画面

スクリーンショットの編集を終える時には、画面上部のナビゲーションバーに表示されている完了アイコンを指でタップして、保存するのか、削除するのかを指定します。

iOS11_スクリーンショット_編集完了確認画面



copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。