TopPage>iphoneの各部名称・用語と機能>iOSについて>スクリーンタイム機能を解除(オフに)する方法

スクリーンタイム機能を解除(オフに)する方法

ここでは、iOS12の新機能として追加されたスクリーンタイムの機能を解除(オフに)する方法をご紹介しています。


iOS12から追加されたスクリーンタイムは、iOS11迄の機能制限機能にiPhoneの使用状況を管理・確認できる機能が融合したものです。

iOS11までの機能制限は、子供にiPhoneを使用させる時にiPhoneの機能を制限するという機能でしたが、スクリーンタイムは、どちらかというとiPhoneの使いすぎをユーザーが確認管理するために、iPhoneの機能や使用時間等を制限や設定することが出来る機能になっています。

とても便利で有効な機能なのですが、ユーザーによっては、いちいちレポートが通知されて目障りと感じたり、機能そのものが不要と感じる人もいると思います。そのような場合には、スクリーンタイム機能自体をオフにしたり、レポート通知のみをオフにすることも出来ます。




1.スクリーンタイム機能をオフにする操作手順

スクリーンタイム機能をオフにするには、次の操作手順で行います。


設定アプリを開く

ホーム画面の設定アプリアイコンを指でタップして、設定アプリ画面を開きます。

iPhone設定アプリアイコン

スクリーンタイム設定画面を開く

表示された設定アプリ画面の下側に表示されているスクリーンタイムの項目をタップして、スクリーンタイム設定画面を開きます。

iOS12_設定アプリ_スクリーンタイム項目

「スクリーンタイムをオフにする」をタップする

スクリーンタイム設定画面の一番下に表示されている「スクリーンタイムをオフにする」をタップします。

iOS12_設定アプリ_スクリーンタイム設定画面_スクリーンタイムをオフにする



スクリーンタイムをオフにする確認画面が表示されますので、「スクリーンタイムをオフにする」をタップします。

iOS12_設定アプリ_スクリーンタイム設定画面_スクリーンタイムをオフにする確認画面



スクリーンタイムがオフになると、「スクリーンタイムをオンにする」だけのスクリーンタイム設定画面が表示されます。

これで、すくりータイム機能がオフ(無効)になりました。画面上部の設定アイコンをタップして、設定アプリの初期画面に戻ります。

iOS12_設定アプリ_スクリーンタイム設定_スクリーンタイムをオンにする画面




2.スクリーンタイム機能の通知をオフにする方法

スクリーンタイムの使用状況レポートは時々確認したいけど、スクリーンタイム機能をオンにすると、いちいちホーム画面にスクリーンタイムの通知が表示されて目障りという人もいると思います。そんな場合には、スクリーンタイムの通知機能のみをオフにしてみてはいかがでしょうか?

スクリーンタイム設定画面には、通知の設定項目はありませんが、設定アプリの通知設定画面で、以下の操作手順を行うと、スクリーンタイムの通知をオフにすることが出来ます。



設定アプリを開く

ホーム画面の設定アプリアイコンを指でタップして、設定アプリ画面を開きます。

iPhone設定アプリアイコン

通知設定画面を開く

表示された設定アプリ画面の真ん中あたりに表示されている通知をタップして、通知設定画面を開きます。

iOS12_設定アプリ_通知

スクリーンタイムの通知設定画面を開く

通知設定画面を少し下にずらすと、スクリーンタイムという項目がありますので、そこをタップして、スクリーンタイムの通知設定画面を開きます。

iOS12_設定アプリ_通知設定画面_スクリーンタイム

スクリーンタイムの通知機能をオフに設定する

スクリーンタイムの通知機能をオフにするには、「通知を許可」を指でグリーンのオンからグレーのオフにします。

尚、スクリーンタイムのレポート通知のみをオフにすることは出来ません。スクリーンタイム全ての通知機能がオフとなります。

iOS12_設定アプリ_スクリーンタイム_通知をオフ



スクリーンタイムの通知機能をオフにすると、「通知を許可」のみのスクリーンタイムの通知設定が表示されます。

これで、スクリーンタイム機能はオン状態で、通知のみオフとなります。

iOS12_スクリーンタイム_通知をオフ



copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。