TopPage>iphoneの各部名称・用語と機能>DFUモードって何?

DFUモードって何?

ここでは、DFUモードについて、初心者の人にも分かりやすいようにご紹介しています。


iPhoneには、いくつか非公式の動作が存在します。そんな非公式の動作の一つにDFUモードがあります。

非公式の動作というのは、Appleからの発信情報には、一切出てこないが、実際に存在する動作のことです。

特にこのDFUモードは、iPhoneが困った状態になった時に、iPhoneを復元するために、奥の手的な対処方法として利用されることが多い動作です。


DFUモードとは

DFUモードとは、あくまでも通称で、Device Firmware Update(ディバイスファームウェアアップデート)の英語の頭文字をとってそう呼ばれています。

機能は、簡単にいうと、DFUモードは、iPhoneを強制的に最新のファームウェア(iOS)をアップデートする方法です。

リカバリーモードとは

iphoneには、DFUモードと似た動作に、リカバリーモードという動作があります。

リカバリーモードとは、Appleが発表している動作で、iPhoneが起動しなくなったり、途中で止まったりした時に利用する対処方法で、iPhoneのファームウェアであるiOSを最新バージョンに更新する方法です。



DFUモードとリカバリーモードの違い

DFUモードも、リカバリーモードも、実は、両方ともに、iPhoneのファームウェアであるiOSを最新バージョン(現行)に更新する方法なのです。

リカバリーモードは、Appleが正式にアナウンスしている方法で、もう一つのDFUモードは、非公式の方法なのです。

二つのモードの相違点

なんで同じ目的のために、公式・非公式の二通りがあるのか、初心者の人には疑問に思われる人もいますよね。

リカバリーモードとDFUモードの違いは次の点です。

リカバリーモード
リカバリーモードは、iPhone内のiOSとローダーと呼ばれるiPhoneを起動するためのプログラムを使用して、iTunesと接続し、iPhoneのファームウェアの更新を行う方法です。
DFUモード
DFUモードは、iPhone内のiOSやローダーと呼ばれるiPhoneを起動するプログラムを使用せずに、直接、iTunesにiPhoneを強制的に認識接続させ、iPhoneのファームウェアの更新を行う方法です。
iPhone内のiOSを起動していないので、iPhoneの画面はブラックアウト(真黒)の状態になります。DFUモードは、パソコンに接続してiTunesなどのソフトウェア側からのiPhoneを操作することになります。


DFUモードとリカバリーモードの共通点

最終的には、iPhoneのiOSが最新バージョンに更新されるので、どちらのモードを使用しても、一旦、iPhone内のデータは初期化され、バックアップデータからの復元が必要になります。

DFUモードとリカバリーモードの使い分け

iPhoneが起動しないなどの不具合が発生した時には、まずは、リカバリーモードでiPhoneの復元を行います。その時に、iPhoneが復元出来ない場合や、途中で止まってしまう場合に、DFUモードを使用して、iphoneの復元をチャレンジしてみるという使い分けになります。目的が同じだからといって、最初からDFUモードを使用してiPhoneの復元を行うのはお勧めできません。


iPhoneのリカバリーモードを使用した復元方法とDFUモードを使用した復元方法については、別の記事でご紹介します。




copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。