TopPage>iphone修理&故障不具合の時の対処方法>iPhone6・iPhone6Plusの修理代っていくらかかるの?

iPhone6・iPhone6Plusの修理代っていくらかかるの?

iphone6とiPhone6Plusの修理代金をご紹介しています。

街中で、ガラスが割れたiPhoneを使用している人を見かけますよね。
ガラスが割れたiPhoneを使用している人を見かけると、ああ、iPhoneって修理代金が高いので、修理しないで使用しているのかななんて思いますよね。


iPhone6のApple Storeでの修理代金について

ここでご紹介しているiphone6とiphone6Plusの修理代金は、メーカーサポート窓口であるApple Storeでの修理代金となります。


メーカーサポート窓口以外で修理を行うと保障対象外となる

iPhoneは、家電製品としては、他の製品と比較して、非常に大きな数量が販売されているので、インターネットでiPhoneの修理を行うWebページや、街中でもiPhoneを修理するお店を見かけます。

iPhone6とiPhone6Plusのメーカー純正の修理窓口は、AppleStoreかApple製品補修を行っている正規プロバイダーの窓口(クイックガレージなど)、または電話窓口のアップルサポートデスクとなります。
それ以外のインターネットショップや、街中の店舗で修理を行うと、Appleの保障の対象外になりますし、携帯電話会社の下取りキャンペーンの対象外になったりしますので、注意が必要です。


iPhone6とiPhone6Plusのタッチスクリーン画面の破損交換代金

タッチスクリーン画面の破損交換代金は、画面サイズが異なるので、iPhone6と6Plusで以下の代金となっています。

iPhone6の画面交換代金
11.800円(税別)
iPhone6Plusの画面交換代金
13.800円(税別)

以外に安いと思った人いますよね。
でも、画面交換に際には、注意が必要です。タッチスクリーン画面のガラス部分だけの損傷破損の場合は、画面交換代金だけで済みますが、落下の際にフレームにゆがみや、ガラス面だけでなく液晶部分までも破損している場合には、ガラス交換だけでは済まないため、保証対象外修理サービス料金が必要になるので注意が必要です。

落下によるガラス破損の場合、iPhoneの側面部分が落下時の衝突部分になるケースが多いと思うので、フレームも損傷している可能性が高いですからね。

保証対象外修理サービス料金

iphone6と6Plusの保証対象外修理サービス料金は、次のようになります。

iPhone6
31.800円(税別)
iPhone6Plus
35.800円(税別)

やっぱり、結構な修理代金になりますね。これなら、街中でガラスの割れたiPhoneを使用している人がいるのもなんとなく理解できますね。

皆さんも、iPhoneを落下させないように注意しましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。