TopPage>SIMロック解除>SIMフリーのiPhoneとSIMロック解除のiPhoneの違い

SIMフリーのiPhoneとSIMロック解除のiPhoneの違い

ここでは、SIMフリーのiPhoneとSIMロック解除したiPhoneの違いについてご紹介しています。


Apple Storeで販売されているiPhoneは、皆さんも知っているようにSIMフリーのiPhoneとなります。

NTTドコモや、au、ソフトバンクの携帯ショップで購入したiPhoneにはSIMロックが掛けられているのはご存知ですよね。

では、SIMロック解除したiPhoneとApple Storeから購入したSIMフリーのiPhoneは、同じなのでしょうか?それとも違いがあるのでしょうか?


以前、アイフォンビギナーズも疑問に思い、格安SIMが出始めた頃に、格安SIMを取り扱っている携帯電話ショップの店員に聞いた時があります。その時の回答は、「SIMロック解除したiPhoneとSIMフリーのiPhoneは同じではありません。SIMロック解除したiPhoneは、ロック解除してあっても電源を入れた時に一旦、元々の携帯電話会社の通信基地サーバーに接続してから、挿入してあるSIMカードの携帯電話会社の通信基地サーバーに接続するようにiPhoneが設定されているので、動作が少し遅いです。」





その時は、そうなんだと思ってのですが、どうやら、店員の回答は、間違っていました。



目次・メニュー
1.SIMフリーのiPhoneとSIMロック解除のiPhoneに違いは無い
2.iPhoneのSIMロックの仕組みを理解するとSIMフリーとSIMロック解除のiPhoneに違いが無いのが分かる


SIMフリーのiPhoneとSIMロック解除のiPhoneに違いは無い

日本でiPhoneのSIMロック解除が義務化されてから販売されたiPhoneについていうと、SIMフリーのiPhoneとSIMロック解除したiPhoneにはハードウェア(機械的)としては違いはありません。

格安SIMショップの店員の言うように、購入した携帯電話会社の通信局サーバーに接続するようには設定されいません。

冒頭でご紹介している携帯電話ショップの店員の話は、iPhoneではなく、NTTドコモ、au、ソフトバンクの日本の通信キャリアが自社の携帯電話回線用に共同開発してガラケーやスマートフォンの一部に該当する話で、iPhoneでは、SIMロック解除したiPhoneが購入した通信キャリア(ソフトバンク、au、NTTドコモ)の通信局サーバーに一旦接続してから挿入されているSIMカードの通信局サーバーに接続するといったことはありません。

日本のiPhoneの場合、SIMロック解除が義務化された以降に販売されたiPhone6S以降については、SIMロック解除したiPhoneとApple Storeから販売されたSIMフリーのiPhoneに違いはありません。







iPhoneのSIMロックの仕組みを理解するとSIMフリーとSIMロック解除のiPhoneに違いが無いのが分かる

SIMロックというと、携帯電話会社側で行っていると思われると思いますが、iPhoneの場合には、SIMロックは、携帯電話会社側ではなく、Apple側のアクティベーションサーバーで行われています。


iPhoneのSIMロックは、購入して初めてのiPhoneのアクティベーションの時に行われる

iPhoneのSIMロックは、購入して初めてのiPhoneのアクティベーション(初期設定)の時に、日本の場合、次のような仕組みで行われているといわれています。

AppleからiPhoneが出荷された時点での設定
iPhone販売時の設定
Apple Storeから販売されたiPhoneの場合
携帯電話ショップ・ネットショップで販売されたiPhoneの場合
ネットショップで販売されたiPhoneの場合

1.AppleからiPhoneが出荷された時点での設定

iPhoneがAppleから出荷された時点では、次のような設定になっています。

AppleがiPhoneを検品出荷した直後に、Appleのアクティベーションサーバーに製品登録される
iPhoneの工場最終工程で、製品チェックした後、正規品として工場を出荷する時点で、モデル番号、シリアル番号、IMEIなどの番号が登録されます。
SIMロックに該当する登録欄は、空白
工場出荷時点では、全てのiPhoneについて、Appleのアクティベーションサーバーの製品登録情報のSIMロックに該当する登録欄は、空白で登録されます。






iPhone販売時の設定
Apple Storeから販売された場合のiPhone販売時の設定
iPhoneを販売後に、AppleのアクティベーションサーバーのSIMロックに該当する登録欄にSIMフリーとして登録
Apple StoreからAppleに提出された販売データによって登録されるので、タイムラグがあるようです。
購入したユーザーが、iPhoneにSIMカードを挿入して、iPhoneのアクティベーションを行う
iPhoneの初期設定(アクティベーション)を行うと、iPhoneはAppleのアクティベーションサーバーにアクセスして、SIMロック項目を確認します。
SIMロック項目にSIMフリーの情報が登録されている場合には、そのままiPhoneのアクティベーションが完了して使用できるようになります。
購入直後、Apple Storeを出て直ぐにiPhoneの初期設定を行った場合には、SIMロック項目は空欄状態のため、挿入されているSIMカードのキャリアとしてSIMロック項目が登録されます。
その後、Apple Storeから提出された販売データを元に、SIMロック項目がSIMフリーに更新されます。

携帯電話ショップで販売された場合のiPhone販売時の設定
購入した携帯ショップでiPhoneの動作確認と携帯電話回線開通確認が行われます
携帯電話ショップでiPhoneを購入した場合の多くは、携帯ショップの店員によるiPhoneの初期動作確認と携帯電話回線開通確認が行われます。
具体的には、新しいiPhoneに契約している携帯電話会社のSIMカードを挿入して、iPhoneの初期設定(アクティベーション)を行います。
iPhoneの初期設定(アクティベーション)を行うと、iPhoneはAppleのアクティベーションサーバーにアクセスして、SIMロック項目を確認します。
SIMロック項目は、空欄状態のため、挿入されているSIMカードのキャリアとしてSIMロック項目が登録されます。
これで、iPhoneがSIMロック状態となります。

ネットショップで販売された場合のiPhone販売時の設定
ネットショップではiPhoneの動作確認や携帯電話回線開通確認は行われません
ネットショップの多くは、販売時点でのiPhoneの動作確認は行いません。それは、動作確認するには、開封する必要があり、新品なのかどうかが、ユーザーが分からないので、その後の不具合の発生原因が不明瞭になるので、未開封のままiPhoneは購入者に届けられます。
購入者がSIMカードを挿入してiPhoneの初期設定(アクティベーション)を行う
購入者は、自分の契約しているSIMカードまたは、iPhoneを購入時に同封されている契約してる携帯電話会社のSIMカードをiPhoneを購入して初期設定(アクティベーション)を行います。
iPhoneの初期設定(アクティベーション)を行うと、iPhoneはAppleのアクティベーションサーバーにアクセスして、SIMロック項目を確認します。
SIMロック項目は、空欄状態のため、挿入されているSIMカードのキャリアとしてSIMロック項目が登録されます。
これで、iPhoneがSIMロック状態となります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。