TopPage>iphone電話>便利な通信機能のFaceTimeを利用する時の注意すること

便利な通信機能のFaceTimeを利用する時の注意すること

iPhoneのFaceTimeオーディオ通話は、iphoneなら契約している携帯電話会社に関わらず、無料で通話が出来てしまうお得で便利な機能です。

無料で使えるのでお得で便利な機能なので、iphone初心者の人もどんどん利用してもらいたいと思いますが、FaceTime機能を利用する上で、注意しなければいけない事がいくつかあります。


FaceTimeの設定で注意すること

FaceTimeは、iPhoneの初期設定をするだけで特別な設定も必要もなく利用できる機能なのですが、少しだけ設定で注意したほうがいい点があります。それは、FaceTimeで相手に表示される「発信者番号」とあなたのFaceTimeの送信先である「FaceTime着信用の連絡先情報」です。

1.iPhoneのFaceTime発信者番号は携帯電話番号が無難

iPhoneの初期設定を単純に行うとこのFaceTime着信用の連絡先情報は、携帯電話番号になっているのですが、人によっては、AppleIDのメールアドレスになっている場合には、少し注意が必要です。それは、次の二つの点です。

初めてFaceTimeで通信した時に、あなただと判ってもらえないかもしれない理由

ご自分のAppleIDを見ていただければわかると思いますが、AppleIDはメールアドレスになっています。

このAppleIDが問題なのです。AppleIDとして登録してあるメールアドレスが、iPhoneのメッセージアドレスやメールアドレスなら問題無いのですが、以前から利用しているPCメールと言われるパソコンのメールアドレスでAppleIDを登録している人の場合には、相手側にAppleIDとして使用しているPCメールが連絡先に登録されていない場合には、メールアドレスのみが表示されるので、一見すると誰からの着信なのか分からない可能性があります。

AppleIDを不用意に他人に知られてしまう

あまりプライバシーを気にしない人には関係ないとは思いますが、特定の人にしかメールアドレスを教えたくないと思っている人の場合には、不用意にFaceTime発信をした時に、相手側にAppleIDで登録しているメールアドレスが表示されてします。


iPhoneでFaceTimeを利用する人でAppleIDがiPhoneのメッセージメールアドレスや携帯電話のメールアドレス以外の人は、電話番号のままにしておくのが無難かもしれませんね。

FaceTime着信用の連絡先情報の設定方法は、こちらをご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。