TopPage>iphoneのバックアップ>バックアップデータの暗号化パスワードの設定方法と注意すべき点

バックアップデータの暗号化パスワードの設定方法と注意すべき点

iphoneに関するパスワードの一つに、バックアップデータの暗号化パスワードがあります。

この暗号化パスワードは、iphoneで設定するのではなく、パソコンのiTunesでiphoneのバックアップを保存する時に設定します。

ここでは、パソコンへのバックアップデータの暗号化パスワードの設定方法と注意点についてご紹介しています。


暗号化パスワードを設定する上で注意すべき点

まずは、バックアップデータに暗号化パスワードを設定する上で注意すべき点についてご紹介します。


暗号化パスワードを設定すると以前のバックアップデータは削除される

iTunesのバックアップで暗号化パスワードを設定してバックアップデータを取ると、それまで保存されていた暗号化されていないバックアップデータは削除されます。

ただし、暗号化パスワードを取る前に、別のフォルダーに暗号化されていないバックアップデータを移動した場合には削除されません。


暗号化パスワードは、iPhone本体にも保存されている

バックアップの暗号化パスワードは、暗号化されたバックアップデータだけでなく、iPhone本体のメモリにも保存されています。

iPhone本体のメモリに保存されている暗号化パスワードは、iTunesに接続した時に利用され、復元する際に、iPhone本体に保存されている暗号化パスワードとバックアップデータの暗号化パスワードを照合に利用されています。

暗号化パスワードは絶対に忘れてはいけない

暗号化パスワードを忘れてしまった場合の解決方法は、存在しません。


バックアップデータからのiphoneの復元が出来ない

当たり前ですが、暗号化パスワードが分からないとパソコンに保存してあるバックアップデータからのiPhoneの復元は行うことはできません。

iphoneの暗号化パスワード違いのメッセージ画面

暗号化パスワードを忘れた時の解決方法は無い

暗号化パスワードを忘れた時の解決方法は、基本的にはありません。保存されている暗号化バックアップデータを利用することはできません。

忘れた暗号化パスワードを再設定する方法は、iPhone本体をリセット(保存されているデータは消去されます)する以外にありません。

Appleでも暗号化パスワードをかけたバックアップデータの解読はできない
iPhoneを設計製造しているAppleは、アメリカの司法省から要請された暗号化されたiPhoneのバックアップデータの解読は出来ないと回答しています。

iPhoneのバックアップが実質取れない

意外に知られていないようですが、暗号化パスワードを忘れるとiPhoneのバックアップデータが実質的に取れなくなります。

暗号化のままバックアップはとれるが復元できない
iTunesのバックアップで、iPhoneのバックアップを暗号化をチェックしたままの状態では、バックアップデータはパソコンに保存されますが、パスワードが分からないと復元することはできませんので、実質的にバックアップが取れません。
暗号化なしでバックアップデータを取ることはできない
暗号化パスワードを取ったiPhoneに保存されているデータを暗号化なしでバックアップを取ろうとすると、まずは、暗号化パスワードの入力が求められます。
上にも書きましたが、iphoneの本体のメモリにも暗号化パスワードが保存されており、暗号化なしのバックアップを取ろうとすると、まず、iPhone本体に保存されている暗号化パスワードの照合を行われ、一致している場合のみ、暗号化なしのバックアップデータが保存される仕組みになっています。

暗号化パスワードの設定方法

バックアップデータの暗号化パスワードの注意点をご説明していると、なんだか暗号化パスワードを設定しない方がいいように思われるかもしれませんが、バックアップを保存するパソコンはiTunesを利用しているということは、基本的にインターネット接続されていると思いますので、バックアップの暗号化パスワードはかけておいた方がいいとiPhoneビギナーズは思います。

それでは、暗号化パスワードを設定する上での注意点をよく理解したところで、バックアップデータの暗号化パスワードの設定方法をご紹介しますね。

iTunesを開く

iTunesのインストールされているパソコンでiTunesを開きます。

暗号化パスワードは、iTunesを利用したバックアップデータの時に設定利用することができます。

iTunesアイコン_win10

USBコードにてiPhoneをパソコンに接続します

接続されたiPhoneアイコンをクリックしてiTinesのバックアップ画面を表示します。

iTunes_iPhone接続直後アイコン

iPhoneのバックアップを暗号化にチェックを入れる

バックアップの方法が、このコンピュータが選択されているのを確認したら、「iPhoneのバックアップを暗号化」をマウスでクリックして、チェック(選択)します。

暗号化パスワード設定1

暗号化パスワードを入力する

パスワード設定画面が表示されますので、暗号化されたバックアップデータを復元する時に入力するパスワードを入力します。

入力した時は、文字は表示されませんので、一旦は、必ず、間違いないようにメモを取っておくことをお勧めします。

暗号化パスワード設定2

暗号化パスワードが設定されると自動的にiPhoneのバックアップデータが作成され始めます。

そのまま、バックアップデータが保存されるまで待ちます。

暗号化パスワード設定後バックアップ作成メッセージ画面

以上で、バックアップデータの暗号化パスワードの設定は完了です。

設定した暗号化パスワードは絶対に忘れないようにしましょう。


iphoneのパスコード・パスワードのページはこちらです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。