TopPage>iphoneの基本操作使い方>パスワードとパスコード>iTunesの暗号化パスワードについて

iTunesの暗号化パスワードについて

ここでは、iTunesの暗号化パスワードで知っておくべきことをご紹介しています。

iTunesの暗号化パスワードは、最初に設定する時と復元する時にしか入力することがないので、正確に理解している人が少ないパスワードの一つです。

iPhoneの機種変更時のデータを移行する時などになって慌てないように、iTunesバックアップの暗号化パスワードについて、ちゃんと理解しておきましょう。



目次・メニュー
iTunesの暗号化パスワードとは
暗号化パスワードは、iPhoneの機種変更のデータ移行の際に必要なパスワード


iTunesの暗号化パスワードとは

iTunesの暗号化パスワードとは、iTunesでiPhoneなどのiOS機器内部のデータをバックアップファイルとしてパソコン内に保存する時に、保存するバックアップファイルを暗号化するために、利用者が設定するパスワードです。


暗号化パスワードの機能

iTunesの暗号化パスワードの機能は、簡単に言うと次の2つの機能となります。

iPhoneのバックアップデータを漏えい防止
iTunesで暗号化した場合には、パソコン内に保存されたiPhoneのバックアップデータは、基本的に見たりすることが出来なくなります。
iPhone内部のほぼ完全なデータをパソコンに保存する
iTunesの暗号化せずに保存したiPhoneのバックアップには、重要なセキュリティやプライバシーに関するデータは保存されません。
iTunesの暗号化パスワードを設定して保存したiPhoneのバックアップは、iPhone内部のほぼ完全なデータを保存することが出来ます。


機能1:iPhoneのバックアップデータを漏えい防止

iTunesで暗号化パスコードを設定すると、パソコン内部に保存されるiPhoneのバックアップデータは、次のような処理が施されます。

ファイル名が暗号化されます。
ファイルの中も暗号化され開いても何か記述されているか分からないようになります。
バックアップを保存する時に設定した暗号化パスワードが無いと、iPhoneに復元することも出来なくなります。

iPhone内部のほぼ完全なデータがパソコンに保存される

iTunesで暗号化パスコードを設定して保存したiPhoneバックアップと暗号化せずに保存したiPhoneバックアップには、その中身に違いがあります。

暗号化パスワードを設定して保存したiTunesバックアップ
iPhone内部のほぼ完全なデータが保存されています。
iCloudを利用しているアプリなどのデータは、iCloudに保存されているので、iTunesバックアップには含まれませんので、その意味で、iPhoneのほぼ完全なデータと言われます。
暗号化パスワードを設定して保存したiTunesバックアップの詳細については、こちらのページをご覧ください。
暗号化パスワードを設定せずに保存したiTunesバックアップ
iPhone内部の重要なセキュリティやプライバシーに関するデータは、保存されたiTunesバックアップには含まれません。
暗号化パスワードを設定せずに保存したiTunesバックアップで含まれないデータについては、こちらのページをご覧ください。


暗号化パスワードとして使用できる文字について

iTunesの暗号化パスワードで使用できる文字については、iTunesの画面にも書かれていませんし、AppleのWebサイトでも明言していません。(2017年3月時点)

明言していないのは、暗号化パスワードの解読防止のためなのかと思われますが、パソコンやスマートフォンにあまり詳しくない人にとっては、どんな文字で暗号化パスワードを設定した方がいいのか分からないのでちょっと困る人もいらっしゃるかと思います。

全てを試したわけではありませんが、半角数字、半角大文字英字、半角小文字英字、パソコンのキーボード上に表記されている記号(%、&、$等)については、暗号化パスワードで使用できるようです。

文字数の制限もあるとは思いますが、34文字の暗号化パスコードと1文字の暗号化パスコードを設定したことがありますが、問題なく設定して暗号化したiPhoneのバックアップデータが保存できます。


暗号化パスワードは出来るだけ桁数が多い方がいい

先程、1文字の暗号化パスワードでも暗号化したiPhoneのバックアップが保存することができたと書きましたが、あまり文字数の少ない暗号化パスコードではセキュリティという観点で意味がなくなります。

暗号化パスワードを解読するために、総当たり方法で行った場合に、すぐに他人に解読されてします。

Appleでも、MacOSXのパスワードの設定には、複数の文字種を交えた8桁以上のパスワードを推奨していますので、暗号化パスワードを設定する際には、出来る限り複数の文字種を交えた8桁以上のパスワードを設定することを心がけたほうがいいと思います。




copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。