TopPage>標準アプリ>写真>フォトライブラリをオフにした時にiPhoneの写真はどうなるの?

フォトライブラリをオフにした時にiPhoneの写真はどうなるの?

ここでは、iPhone(iPad)のフォトライブラリをオフにした時に、iPhone(iPad)の写真がどうなるかについてご紹介しています。


iPhoneは、何となく感覚で利用できるのがいいところなのですが、iCloudに関してはちょと分かりずらいですね。

iPhoneのフォトライブラリ機能を利用している人から、iCloudフォトライブラリの設定をオフにした場合に、iPhoneの写真アプリに保存されている写真はどうなるの?消えてしまうの?と質問されることがあります。







1.フォトライブラリをオフにしても、iCloud上の写真には影響はない

フォトライブラリは、iCloudで提供されている機能の1つで、フォトライブラリの写真やビデオは、インターネット上のiCloudサーバーのサインインしているAppleIDのiCloudストレージ上に保存されています。

iPhoneやiPadの設定アプリでフォトライブラリをオフにしても、iCloudストレージ上に保存されている写真やビデオのファイルには、何も影響はありません。

そのまま、icloudストレージ上に保存されています。






2.フォトライブラリをオフにした時に、iPhone内の写真の消去は選択できる

先ほど、iPhoneやiPadでフォトライブラリ機能をオフにしても、iCloudストレージに保存されている写真やビデオは影響されず、保存されていますとご紹介しました。では、iPhoneやiPadにある写真やビデオはどうなるのでしょうか?


iPhoneやiPadのiCloudの写真設定画面で、フォトライブラリをオフにすると、次のようなメッセージが表示され、iPhoneから写真・ビデオを削除するか?ダウンロードするか(写真・ビデオを残すか)?選択することが出来ます。

iCloudフォトライブラリ_オフした時のメッセージ





3.「ストレージを最適化」にしている場合には、注意が必要

フォトライブラリをオフにする時に、iPhoneの写真・ビデオについては残すことも、削除することも出来るのですが、1つだけ注意すべき点があります。

それは、フォトライブラリの設定で、「ストレージを最適化」をオンにしていた場合です。

「ストレージを最適化」をオンにしているiPhoneの場合には、iPhone内部の写真・ビデオはオリジナルではなく、iPhoneで見るのに適した縮小されたファイルになっています。そのため、フォトライブラリをオフにした後も、iPhoneに写真やビデオを残そうとするには、iCloudに保存されているオリジナルサイズの写真やビデオファイルをiCloudからダウンロードして保存する必要があります。


iPhoneの内部メモリの空きが少ない場合には、写真・ビデオファイルをダウンロードできない

iPhoneの内部メモリの空き容量がダウンロードする写真やビデオファイルの大きさよりあれば、問題は無いのですが、空きメモリ容量がダウンロードするiCloudに保存されている写真やビデオファイルより少ない場合には、iPhone内部にダウンロードすることが出来ず、iPhone内から写真・ビデオは結果的に消えてしまいます。

なぜ、消えるかというと、「ストレージを最適化」している場合には、iPhoneには縮小されたサイズの写真とビデオファイルが保存されています。しかし、iCloudのフォトライブラリ機能をオフにすることで、縮小されたサイズの写真・ビデオファイルとicloud上にあるオリジナルサイズのファイルのリンク(連携)が切れるので、iPhoneからも縮小されたサイズの写真・ビデオファイルは削除されます。

iPhoneに写真やビデオを残したい場合には、icloudからダウンロードする必要がありますが、iPhoneの空き容量が無いので、ダウンロード出来ず、結果的に写真・ビデオはiPhoneから消えてしまうという現象になります。


iPhoneから写真・ビデオが消えても、icloudからダウンロードすることが出来る

iPhoneの空き容量が無い場合には、icloudからダウンロードできないので、写真・ビデオは消えてしまいますが、消えた写真・ビデオは、icloudからダウンロードすることが出来ます。




copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。