TopPage>iTunesの使い方>iPhoneをiTunesにWi-Fiで接続する方法

iPhoneをiTunesにWi-Fiで接続する方法

ここでは、iPhoneをiTunesにWi-Fiで接続する方法をご紹介しています。

iPhoneとiTunesの接続は、USBケーブルによる接続の他に、iPhoneとiTunesのパソコンが同じWi-Fiネットワーク内にある場合には、Wi-Fiネットワークで接続することが出来ます。

設定した後は、USBケーブルを用意してiPhoneとiTunesを接続する必要が無くなるので、とても簡単で便利にiPhoneとiTunesを接続できる方法です。



目次・メニュー
1.iTunesとiPhoneをWi-Fi接続する時の注意点・デメリットについて
2.iPhoneをiTunesにWi-Fi接続する操作手順


iTunesとiPhoneをWi-Fi接続する時の注意点・デメリットについて

手軽で便利なiTunesとのWi-Fi接続ですが、次のようなデメリットと注意点を理解して利用する必要があります。

通信速度が遅い
USBケーブルに比べると通信速度がどうしても遅くなります。
最近では、家庭用Wi-Fiネットワークで300GB規格のルーターの販売されていますが、USBケーブル接続よりはどうしても通信速度が遅くなるのは承知しておく必要があります。
Wi-Fi接続で同期が始まるとUSBケーブルに差し替えてもWi-Fi接続同期のままで継続する
Wi-Fi接続でitunesとの同期が始まると、通信速度が遅くてなかなか進まないと思って、iPhoneをUSBケーブルでパソコンのiTunesと接続しても、そのままWi-Fi接続同期が進行します。
USBケーブル接続に切り替えるには、一度、Wi-Fi接続同期を中止して行う必要があります。


iPhoneをiTunesにWi-Fi接続する操作手順

iPhoneをiTunesにWi-Fi接続するための設定は、次の操作手順で行います。


1.iTunesにiPhoneをUSBケーブルにて接続する

Wi-Fi接続を設定するには、まず、iTunesにUSBケーブルにてiPhoneを接続する必要があります。


2.iTunesのiPhoneディバス設定画面を開く

iTunesにiPhoneをUSBケーブルにて接続したら、iTunesのメニューに表示されているiPhoneディバイスアイコンをクリックして、iPhoneのディバイス設定画面を開きます。


3.iPhoneディバスのオプションで、「Wi-Fi経由でこのiPhoneと同期」の設定をオンにする

開いたiPhoneディバイス設定画面を下に少しスライドさせて、オプションという設定項目を表示させます。

オプション欄の「Wi-Fi経由でこのiPhoneと同期」の設定にチェックを入れて、オンにします。

iTunes_iphoneデイバイス設定_オプション_Wi-Fi経由オン


4.iPhoneディバイス設定の適用を実施する

変更内容をiTunesに適用するため、iPhoneディバイス設定の適用ボタンをクリックします。

iTunes_iphoneデイバイス設定_オプション_Wi-Fi経由オン適用

以上で、iPhoneをiTunesにWi-Fiで接続する設定は完了です。




copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。