TopPage>iTunesの使い方>パソコンにiPhoneを接続した時にiTunesを自動起動・自動同期させない設定方法

パソコンにiPhoneを接続した時にiTunesを自動起動・自動同期させない設定方法

ここでは、パソコンにiPhoneを接続した時にiTunesを自動起動させない設定方法(自動同期をさせない方法)をご紹介しています。

iTunesをインストールした初期設定状態では、TunesがインストールされているパソコンにUSBケーブルでiphoneを接続すると、iTunesが自動的に起動して、iPhoneとiTunesの同期が自動的に始まります。

この自動起動・自動同期機能は、便利な機能ではありますが、同期したくない時にも自動同期が始まってしまうので、人によっては、便利どころかちょっと邪魔な機能と思う人もいると思います。

特に、iPhoneに保存されている写真だけをパソコンのフォルダーにコピーするようなケースなどは、iTunesを利用しないので、iTunesが自動起動するのも止めたいと思う人もいると思います。


そんな場合には、iTunesの環境設定を変更することで、iPhoneをパソコンに接続した時に、iTunesの自動同期が開始ないようにすることができます。


設定操作手順

iPHoneをパソコンにUSBケーブルで接続した時に、iTunesを自動起動させない設定は、次の操作手順で行います。

設定は、iTunesの画面で行いますが、設定は、それぞれのiPhone毎に記録されるため、複数のiPhoneがある場合には、それぞれのiPhoneで設定を行う必要があります。



1.iTunesを開く

iPhoneをパソコンに接続する前に、パソコンのitunesをまず起動します。

iTunes_パソコンアイコン

2.パソコンにiPhoneをUSBケーブルにて接続する

パソコンにiPhoneをUSBケーブルで接続します。

パソコンとiPhoneをUSBケーブル接続する

パソコンにiPhoneをUSBケーブルで接続すると、自動的に同期が開始される場合があります。その場合には、同期を一旦中止します。

同期を中止するには、itunesのサイドバーに表示されている処理中アイコンか、メニューに表示されているインジケーターをクリックして、キャンセルを行います。

iTunes_iphoneサイドメニューの処理中アイコン
iTunesメニュー_インジケーター


3.iTunesのiPhoneディバス設定画面を開く

iTunesにiPhoneをUSBケーブルにて接続したら、iTunesのメニューに表示されているiPhoneディバイスアイコンをクリックして、iPhoneのディバイス設定画面を開きます。

iTunes_iPhone接続直後アイコン

4.iPhoneディバスのオプションで、「このiPhoneを接続しているときに自動的に同期」の設定をオフにする

開いたiPhoneディバイス設定画面を下に少しスライドさせて、オプションという設定項目を表示させます。

オプション欄の「このiPhoneを接続しているときに自動的に同期」の設定にチェックを外して、オフにします。

iTunes_このiPhoneを接続しているときに自動的に同期設定のチェックを外す

5.iPhoneディバイス設定の適用を実施する

変更内容をiTunesに適用するため、iPhoneディバイス設定の適用ボタンをクリックします。

iTunes_適用ボタンをクリックする

以上で、パソコンにiPhoneを接続した時にiTunesを自動起動させない設定は完了です。




copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。