TopPage>iTunesの使い方>iTunesの消えたしまったミュージックライブラリの曲を過去のiTunesLibrary.itlファイルを使って復活する方法

iTunesの消えたしまったミュージックライブラリの曲を過去のiTunesLibrary.itlファイルを使って復活する方法

ここでは、パソコンのiTunesのミュージックライブラリの曲やプレイリストが消えたしまった時に、パソコンに保存されている過去のiTunesLibrary.itlファイルを使って復活する方法をご紹介しています。


iTunesのミュージックライブラリに表示されているアルバムや曲、プレイリストは、iTunesLibrary.itlというライブラリ管理ファイルに書き込まれて情報を元に表示されています。

そのため、実際の曲がパソコンから削除されていない場合でも、このiTunesLibrary.itlファイルがおかしくなっていると、正しくミュージックライブラリのアルバムや曲、プレイリストなどが表示されません。。

iTunesLibrary.itlファイルについては、こちらのページもあわせてご覧ください。






目次・メニュー
1.iTunesLibrary.itlファイルが破損している場合、新しい空のiTunesLibrary.itlが作成される
2.新しいiTunesLibrary.itlファイルが作成されたことでミュージックライブラリの曲が消えてしまった時の曲の復活方法


iTunesLibrary.itlファイルが破損している場合、新しい空のiTunesLibrary.itlが作成される

先程、ミュージックライブラリに表示されているアルバムや曲、プレイリストなどは、iTunesLibrary.itlファイルに書き込まれている情報をお元に表示されているとご紹介しました。このiTunesLibrary.itlファイルはとても重要なファイルなのですが、次のような場合、破損することがあります。

  • iTunesに音楽CDを取り込み途中で、パソコンの電源を切れたまたは切ってしまった
  • 音楽CDの取り込み途中で、CDの破損で取り込みが中断してしまった
  • iTunesがフリーズ(固まってしまった)して、強制終了を行った
  • iTunesのバージョンアップを行った

iTunesは、既存のiTunesLibrary.itlファイルが無かったり、読み込み不能な破損状況にある場合には、新しい空のiTunesLibrary.itlファイルを作成します。

このような状況になると、「昨日までミュージックライブラリにアルバムや曲が登録されていたのに、消えてしまったといった状況になります。

また、ユーザーがApple MusicやiTunes Matchを契約して利用している場合には、iTunesが新しい空のiTunesLibrary.itlファイルを作成しても、インターネットを通じて、iClloudにあるApple MusicまたはiTunes Matchの管理データを読み込み、パソコン内に保存されている音楽CD以外のアルバムや曲がミュージックライブラリに表示されてるため、一部のアルバムや曲がミュージックライブラリから消えるといった状況になります。






新しいiTunesLibrary.itlファイルが作成されたことでミュージックライブラリの曲が消えてしまった時の曲の復活方法

新しいiTunesLibrary.itlファイルが作成されてしまったことによるミュージックライブラリの曲が消えてしまった場合に、曲を復活させるのは、意外に簡単に行うことが出来る可能性があります。

iTunesは、バージョンアップの更新時や、iTunesのファイルメニューの「ライブラリにフォルダを追加」等を行った時に、過去のiTunesLibrary.itlファイルを保存してあります。

その過去のiTunesLibrary.itlファイルを使うことで、その時点のミュージックライブラリに戻すことが出来るからです。

iTunesのバージョンパップの不具合が原因で、ミュージックライブラリの曲が消えてしまったと思わる時は、まずは、次の操作手順でiTunesLibrary.itlファイルの復元を行います。

尚、曲が消える前にiTunesのバージョンアップなどを行っていない場合には、次の操作手順を行っても、中途半端なアルバム・曲一覧になるケースがありますので、その点は理解の上、自己責任で行ってください。


新しいiTunesLibrary.itlファイルが作成されたことでミュージックライブラリの曲が消えてしまった時の曲の復活方法

過去のiTunesLibrary.itlファイルを使ってiTunesLibrary.itlファイルを復元するには、次の操作手順で行います。


1.iTunesを終了する

iTunesが起動している場合には、iTunesを終了します。

(iTunesが起動中は、iTunesLibrary.itlファイルの変更等が出来ないためiTunesを終了します。)


2.iTunesLibrary.itlファイルをコピーする

最終的には、おかしいiTunesLibrary.itlファイルは削除するのですが、念のため、一時的にどこかにコピーしておきます。

iTunesLibrary.itlファイルが保存されている場所は、次の場所となります。

Windowsパソコンの場合
ユーザー(user)¥ユーザー名¥ミュージック(music)¥iTunesのフォルダーの中に、あります。
Macパソコンの場合
Finder(ファインダー)ユーザ名ミュージックiTunesのフォルダーの中に、あります。

iTunesLibrary.itlファイルを見つけたら、それをデスクトップなどにコピーします。


3.Previous iTunes Libraries」フォルダから1つ前のiTunesLibrary.itlファイルを探す

エクスプローラ(またはFinder)で、次の場所にある、iTunesが自動保存している過去のiTunesLibrary.itlファイルを探します。

過去のiTunesLibrary.itlファイルが保存されている場所は、次の場所となります。

Windowsパソコンの場合
ユーザー(user)¥ユーザー名¥ミュージック(music)¥iTunesのフォルダー¥Previous iTunes Livrariesフォルダーの中に、あります。
Macパソコンの場合
Finder(ファインダー)ユーザ名ミュージックiTunesのフォルダーPrevious iTunes Livrariesフォルダーの中に、あります。

Previous iTunes Livrariesフォルダーには、以下の名前で過去のiTunesLibrary.itlファイルが保存されています。

iTunes Library 西暦-月-日.itlのファイル名前

この中から、一番新しい日付のファイルを探します。


4.3で見つけたiTunesLibrary.itlファイルをiTunesフォルダーにコピーする

3で見つけたiTunes Library-〇〇〇〇-〇〇-〇〇.itlファイルを以下のフォルダーにコピーします。

Windowsパソコンの場合
ユーザー(user)¥ユーザー名¥ミュージック(music)¥iTunesのフォルダーの中に、あります。
Macパソコンの場合
Finder(ファインダー)ユーザ名ミュージックiTunesのフォルダーの中に、あります。


5.4でコピーしたiTunes Library-〇〇〇〇-〇〇-〇〇.itlファイルの名前を変更する

コピーしたiTunes Library-〇〇〇〇-〇〇-〇〇.itlファイルのファイル名をiTunesLibrary.itlに変更します。


6.iTunesを起動して、曲が表示されるか確認する

iTunesを起動して、ミュージックライブラリに曲が復活して表示されているか確認します。


以上で、復活作業は終了です。





copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。