TopPage>iTunesの使い方>iTunesのアートワークとは

iTunesのアートワークとは

ここでは、iTunesのアートワークについて、ご紹介しています。

iTunesを利用していると時々、アートワークという言葉が出てきます。

アートワークという言葉は、一般生活ではあまり聞いたり見たりすることはありませんから、何のことだか分からないという人もいらっしゃると思います。

アートワークとは、最近では、主にパソコンなどで利用されている言葉で、一般的には、次のことを指します。


パソコン以外でのアートワークの意味や使われるケース
本や印刷物の挿絵や図柄
手工芸品
パソコンでのアートワークの意味と使われるケース
パソコンで使われるアートワークの意味は、画像ファイルの中身を識別するために、ファイル一覧を表示するサイズを小さくした画像のこと
パソコンのグラフィックソフトを使用して作成、加工された画像
グラフィックソフトで作成、加工している画像の表示モードのことをアートワーク表示とも呼びます


iTunesでのアートワークの意味

itunesで使用されているアートワークの意味は、次のことになります。

  • ミュージックライブラリーに取り込まれた曲につけることのできる画像(シングルジャケット)
  • ミュージックライブラリーに取り込まれたアルバムにつけることのできる画像(アルバムジャケット)
  • ミュージックライブラリーに取り込まれた曲のアーティストにつけることのできる画像(アルバムジャケット)
  • ビデオライブラリーに取り込まれた映画・ビデオにつけることのできる画像
  • Podcastライブラリーに取り込まれたPodcastファイルにつけることのできる画像
  • 着信音につけることのできる画像

iTunes_ミュージックライブラリー_アルバムアートワーク


iTunesのアートワークというと曲やアルバムのジャケット画像というイメージが強いですが、映画・ビデオファイルやPodcastファイルにもアートワーク画像がつけらています。



そして、iTunesのアートワークは、iPhoneにも取り込まれて、ミュージックアプリなどで表示されます。

iphoneミュージックアートワーク


アートワークは、iTunesで設定する

iPhoneのミュージックアプラリーで表示される楽曲のアートワークは、iPhone単体では設定することはできません。

iTunesのアートワークは、パソコンのiTunesのライブラリーの中で登録設定します。




copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。