TopPage>iTunesの使い方>iTunes Storeからアルバムアートワークをダウンロードする方法

iTunes Storeからアルバムアートワークをダウンロードする方法

ここでは、iTunes Storeからアルバムアートワークをダウンロードする方法をご紹介しています。

iTunesのミュージックライブラリーのアルバムや曲のアートワークは、iTunesStoreから購入した場合には、自動的にダウンロードされ設定されますが、手持ちの音楽CDなどを取り込んだ場合には、自動的にアートワークがダウンロードされ設定される場合と、アートワークがダウンロードされず、設定されない場合があります。

アートワークを自動的にダウンロードするためには、itunesの設定を行う必要があります。



アートワークを自動的にダウンロードするように設定する方法

iTunesの設定を行っておくと、音楽CDなどをiTunesに取り込んだ時に、iTunesStoreのサーバーにアクセスして、アルバムやアーティスト、曲のアートワークをを自動的にダウンロードしてそれぞれのファイルのアートワークとして設定してくれます。


アートワークを自動ダウンロードするiTunesの設定方法

次の操作方法で、itunesの設定を行います。

尚、この設定を行っても、音楽CDを取り込んだ時に、Apple IDでサインインしていなかったり、iTunesStoreのサーバーに該当する音楽CDが無かった場合には、アートワークは設定されません。


iTunesを起動する

パソコンで、iTunesを起動します。

iTunes_パソコンアイコン

環境設定を開く

iTunesのメニューバーの編集をクリックして編集メニューリストを表示します。

一番下にある環境設定をクリックして、iTunesの環境設定画面を開きます。

itunes_メニューバー_編集メニューリスト_環境設定

ストア環境設定画面を開く

環境設定画面にストアアイコンをクリックして、ストア環境設定画面を開きます。

iTunes_環境設定_ストアアイコン

「アルバムアートワークを自動的にダウンロード」にチェックを入れる

itunesのストア環境設定画面で、「アルバムアートワークを自動的にダウンロード」の項目にチェックを入れオンにします。

iTunes_環境設定_ストア環境設定画面

尚、その下の「ライブラリの情報をAppleに送信」の項目にチェックが入っていない場合には、ライブラリの情報をAppleに送信することに同期するかどうかのダイアログボックス画面が表示されます。これに同意しないと、iTunesStoreからアートワークをダウンロードすることは出来ません。

同意するをクリックすると、「ライブラリの情報をAppleに送信」の項目にチェックが入ります。

iTunes_環境設定_ストア環境設定画面_ライブラリの情報をAppleに送信同意確認画面

以上で、アートワークを自動ダウンロードするiTunesの設定方法は完了です。



個別にアートワークをダウンロードして設定する方法は、こちらのページをご覧ください。





copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。