TopPage>iphoneの基本操作使い方>iphoneの位置情報サービスの設定方法

iphoneの位置情報サービスの設定方法

ここでは、iPhoneの位置情報サービスの設定方法について、ご紹介しています。

位置情報サービスは、iPhoneのアプリによっては、上手に利用すると非常に便利な機能ですね。今いる付近の店舗を表示してくれたり、地図アプリでは、位置情報サービスをオンすることで、目的地までの道案内(ナビゲーション)機能なども利用できるようになりますね。

iPhoneの位置情報サービスについては、こちらのページをご覧ください。

位置情報サービスには、多くのメリットがあるのですが、上手に設定して利用しないと、場合によっては、プライバシー情報の漏えいになるケースもあります。



目次インデックス
1.iPhoneの位置情報サービスは、2段階設定
2.iPhoneの位置情報サービスの設定手順


iPhoneの位置情報サービスは、2段階設定

iPhoneの位置情報サービスは、次の4つの情報を複合して利用していますが、中心となるのは、1番目のiPhoneのGPSセンサーから得られるGPS情報となります。

  • GPSの位置情報
  • 接続している携帯電話基地局情報
  • 接続しているWiFiスポット情報
  • iBeacon情報

  • そのため、iPhoneの位置情報サービスの設定は、つぎの2段階の設定となっています。

    位置情報サービス(GPS)機能のオン・オフ
    iPhoneの位置情報サービス(GPS)機能自体の有効・無効の設定をすることができます。
    各アプリへの位置情報の利用可否設定
    iPhoneにインストールしてあるアプリ単位で位置情報サービス機能で取得した位置情報への利用を許可するかどうかの設定をすることができます。


    iPhoneの位置情報サービスの設定手順

    iPhoneの位置情報サービスの設定手順は、次の操作となります。


    設定アプリを開く

    ホーム画面の設定アプリアイコンを指でタップして、設定アプリを開きます。

    iPhone設定アプリアイコン

    プライバシー設定画面を開く

    設定アプリ画面を指で下に少しスライドさせると、プライバシーという項目がありますので、そこを指でタップして、プライバシー設定画面を開きます。

    位置情報サービス設定_プライバシー

    位置情報サービス設定画面を開く

    プライバシー設定画面の一番上に表示されている位置情報サービスの項目を指でタップして、位置情報サービス設定画面を開きます。

    プライバシー設定画面_位置情報サービス

    位置情報サービスのオン・オフを設定する

    位置情報サービス設定のスイッチを指でオン(緑)に設定します。

    位置情報サービス設定画面_オン設定

    アプリの位置情報サービスの許可設定を行う

    位置情報サービスをオンに設定すると、位置情報サービス設定画面に、位置情報サービスを利用するインストールされているアプリが表示されます。

    表示されているアプリを指でタップすると、そのアプリでの位置情報サービスの有効・無効の設定を行うことが出来ます。

    位置情報サービス設定画面_オン状態

    アプリ毎の位置情報サービス設定画面が表示されますので、そのアプリでの位置情報サービスのオン(許可する)・オフ(許可しない)・アプリを使用時のみ許可するを選択します。

    位置情報サービス_アプリ毎設定

    特に、カメラアプリとSNS関連アプリの位置情報サービスの設定状態を確認した方がいいと思います。




copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。