TopPage>iphoneの基本操作使い方>iPhoneの位置情報サービスを設定する上で注意する点

iPhoneの位置情報サービスを設定する上で注意する点

ここでは、iPhoneの位置情報サービスを設定する上で、注意する点をご紹介しています。



目次インデックスメニュー
1.カメラアプリの位置情報サービスの設定を注意する
2.SNS関連アプリの位置情報サービスの設定を注意する



1.カメラプリの位置情報サービスの設定を注意しましょう

皆さん、iPhoneで写真を撮影する際に、カメラアプリを使用すると思います。

iPhoneのカメラアプリは、アンドロイドなどのスマフォやデジカメと同様に、写真を撮影した場所や日時情報をExif情報として写真データの中に保存します。

このExif情報に保存される場所情報と日時情報は、位置情報サービスで取得したデータが使われています。

写真の整理などでは便利なExifの場所情報と日時情報ですが、メールに写真添付する時などには、注意しないとあなたがいつどこにいたのかなどのプライバシー情報が、漏れてします危険性もあります。

カメラアプリの位置情報サービスの設定を許可しないに設定しておくと、撮影した写真のEXif情報に撮影場所や日時情報が含まれません。

カメラアプリの位置情報サービスをオフ(許可しない)に設定するには、設定アプリのプライバシーの位置情報サービス設定画面で行います。

位置情報サービス_カメラアプリ_許可しない設定画面

標準アプリ以外のカメラ関連アプリの多くも、同様に位置情報サービスを利用する場合が多い


2.SNS関連アプリの位置情報サービスの設定を注意する

カメラアプリと同様に、位置情報サービスの利用設定で特に注意が必要なのが、InstagramやFacebook、Twitter,LineなどのSNS関連アプリSNS関連アプリですね。

例えば、FacebookでFacebookメッセージを利用している場合で、位置情報サービスをオンにしていると、書き込んだメッセージの送信時間の左横に位置マークアイコンが表示されます。

送信時間の左横の位置マークアイコンを指でタップすると、マップアプリが開いて、位置マークに保存されているGPS情報をもとに、その場所を表示することができます。

あなたは、何気なく書き込んだメッセージのつもりが、相手には、メッセージを書き込んだあなたの居場所が分かってしまうということになります。

例えば、今、会社を出て、家に帰りますとかメッセージを書き込んでも、書き込んだ場所が、会社じゃないことが、相手にばれてしまっているなんてことにもなりかねませんよ。

カメラアプリと同様に、SNS関連アプリについても、位置情報サービス設定画面で、よく考えて位置情報サービスの有効・無効を設定されることをお勧めします。




copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。