TopPage>iphoneの基本操作使い方>iphoneのホーム画面上の操作の名前と操作方法

iphoneのホーム画面上の操作の名前と操作方法

ここでは、iPhoneのホーム画面上の操作の名前と操作方法をご紹介しています。

iphoneの画面(タッチスクリーン)上の操作について、名前と操作方法を知っていますか?

アイフォンの操作の基本となるのは、ホーム画面と呼ばれる画面上の操作になります。

パソコンとはちょっと違った操作方法や、独特の名前の付いた操作もありますので、iphone初心者の方は、最初のうちに戸惑うかもしれませんが、すぐに慣れると思います。

ホーム画面の各部名称と機能のページも併せてご覧ください。


タップ(Tap)

iphoneのホーム画面を指先で軽くタッチすることを言います。英語のTap:軽くたたくという意味です。

アプリを開いたり、ホーム画面上のボタンや、メニュー項目を選択する時に使用します。

ホーム画面_タップ

ダブルタップ(Double-Tap)

これはその言葉の通り、2回連続してiphoneのホーム画面をタップすることをいいます。

ホーム画面の表示を拡大したり、縮小したりする時などに使用します。

ホーム画面_ダブルタップ





長押し(ロングタップ)

長押しは、その名前の通り、ホーム画面を指先で軽く押したままの状態にします。

アイコンを移動する時(アイコンのフロート状態)や、メニュー画面を表示する時に使用します。

ホーム画面_長押し

ドラッグ(drag)

iphoneのホーム画面に、指先を当ててそのまま移動(スライド)させる操作です。

パソコンを操作する時に、マウスでドラックする操作がありますが、あれを指先を行う操作です。

(ドラッグとは、英語でdragひきずるという意味です。)

ホーム画面_ドラッグ操作

フリック(Flick)

iphoneのホーム画面を指先ではじくようになぞる操作のことです。

フリックは、ドラッグと同じような感じですが、フリックの場合は、気持ち的には、指先でピンとはじくような感じでiphoneのホーム画面をなぞる感じで行います。

文字入力などの時に早く文字入力をする時などに、フリック操作は使用します。

ホーム画面_フリック操作





ピンチアウト(Pinch-Out)

2本の指をiphoneの画面に置き、広げるように指を動かすことです。親指と人差し指で下の画像のように行います。


ピンチアウト説明図

ピンチアウト画像

ピンチイン(Pinch-In)

ピンチアウトの逆ですね。広げた2本の指でiphoneの画面を縮めるような感じで指を狭める動作のことですね。

ピンチイン説明図

ピンチイン画像




copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。