TopPage>iphoneの基本操作使い方>おやすみモードの機能について-(iOS12)

おやすみモードの機能について-(iOS12)

ここでは、iOS12のおやすみモードの機能をご紹介しています。


人によっては、おやすみモード機能というと、iPhoneの利用者がおやすみ(睡眠)する時に使用する機能だと思われていると思います。

確かに、おやすみモードの当初の機能は、利用者が寝ている時に着信した電話の着信音やメール受信音を鳴らないようにしたりする機能でした。

iOSのバージョンアップにともない、運転中の着信音を鳴らないようにしたり、スケジュールに連動した使い方など、利用者の睡眠時だけでなく、睡眠時間以外でも利用できる機能が増えています。





設定した時間帯の電話着信音・メール受信音を鳴らさない、通知メッセージを表示させない
おやすみモード時間中でも着信・受信する連絡先を指定できる
設定した時間帯以外でもおやすみモードを有効にすることが出来る
カレンダーのスケジュールに連動しておやすみモードを利用することが出来る
この場所から出発するまで時間をおやすみモードにすることが出来る
運転中の着信・受信した場合、自動返信メッセージを送ることが出来る
時計アプリのベッドタイムと連携しておやすみモードを利用できる

設定した時間帯の電話着信音・メール受信音を鳴らさない、通知メッセージを表示させない

おやすみモードを有効にすると、その間は、電話の着信音やメールの受信音、アプリからの通知メッセージ音などが消音されます。(鳴らなくなります。)

ホーム画面に表示される通知メッセージも、おやすみモードが有効になっている時間帯は表示されません。


おやすみモード中でもiPhoneがロック中でなけらば通知メッセージは表示される

おやすみモードの通常の設定では、おやすみモードが有効になっている時間中でも、iPhoneの画面がロック状態でない場合には、着信音や受信音はなりませんが、着信・受信などの通知メッセージは表示されます。

また、ロック状態でなくても、通知メッセージの表示をさせないように設定することも出来ます。


着信や受信がされないわけではありません

iPhoneがおやすみモードになっている時でも、電話の着信やメールの受信がされないわけではありません。

おやすみモードでもちゃんと電話着信・メール受信はされます。しかし、着信音・受信音、通知メッセージがされない状態になります。






おやすみモード時間中でも着信・受信する連絡先を指定できる

緊急連絡などの対応のため、特定の人からの電話やメールについては、おやすみモードの対象から除外することが出来ます。

おやすみモードの設定で、「連絡先のよく使う項目」に登録されている人からの電話着信やメール受信を許可する設定を行うと、おやすみモード中でも「連絡先のよく使う項目」に登録された人からの着信音・受信音は鳴りますし、通常と同じように、ホーム画面にも不在着信、メール受信の通知メッセージを表示させます。


繰り返しの着信の場合、着信を許可する設定が出来る

「連絡先のよく使う項目」に登録されていない人でも、3分以内の一定時間内に同じ人から連続して繰り返し電話着信があった場合には、緊急の連絡電話として、電話の着信音を鳴るように設定することも出来ます。


設定した時間帯以外でもおやすみモードを有効にすることが出来る

おやすみモードは、通常は、おやすみモードに設定した時間帯に有効となります。

おやすみモードの設定した時間帯以外にも、コントロールパネルのおやすみモードアイコンをタップすることで、今から一時間おやすみモードを有効にすることができます。


カレンダーのスケジュールに連動しておやすみモードを利用することが出来る

コントロールパネルのおやすみモードアイコンを指で長押しすることで、カレンダーアプリに登録されているスケジュールの終了時間までおやすみモードを有効にすることが出来ます。

尚、連動出来るスケジュールは、おやすみモードアイコンを長押しした時点で、登録されているスケジュールの開始時間から終了時間になっているスケジュールのみとなります。

先のスケジュールについて、おやすみモードの有効予約のようなことは出来ません。






この場所から出発するまで時間をおやすみモードにすることが出来る

設定アプリのプライバシー設定で位置情報サービスをオン(有効)にしている場合には、コントロールパネルのおやすみモードアイコンを指で長押しすることで、「この場所から出発するまでの時間」をおやすみモードを有効にすることが出来ます。

「この場所から出発するまでの時間」をおやすみモードにした場合、位置情報サービスで地番等の移動などの大きな変化があるまで、iPhoneは、おやすみモードになり、電話着信音、メール受信音、通知メッセージの表示などをオフにすることが出来ます。

位置情報サービスで移動が感知されると、自動的にiPhoneのおやすみモードはオフになります。


運転中の着信・受信した場合、自動返信メッセージを送ることが出来る

設定アプリのコントロールセンター設定で、「運転中の通知を停止」設定をオン(有効)にしている場合には、歩行速度より早い速度で位置情報サービスの情報変化がある場合に、自動的にiPhoneをおやすみモードにすることが出来ます。

運転中と認識されている間にあった電話着信については、おやすみモードで設定した自動返信メッセージを自動的に返信することが出来ます。


時計アプリのベッドタイムと連携しておやすみモードを利用できる

時計アプリで設定したベッドタイムとおやすみモードを連携することで、ベッドタイム時間中は、iPhoneのディスプレイ照明が暗くなり、おやすみモードと同様に電話着信音やメール受信音、通知メッセージの表示をオフにすることが出来ます。

おやすみモードとベッドタイムを連携するには、おやすみモードの設定画面で、ベッドタイム機能をオン(有効)に設定します。

ベッドタイムの設定時間と、おやすみモードの設定時間は、別々の設定となっているため、異なった時間を設定することも可能です。

ベッドタイムの機能については、こちらのページをご覧ください。




copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。