TopPage>iphoneの基本操作使い方>パスワードとパスコード>キーチェーンアクセスアプリを利用した暗号化パスワードの解読方法

キーチェーンアクセスアプリを利用した暗号化パスワードの解読方法

忘れてしまったiTunesバックアップの暗号化パスワードですが、MacパソコンでiTunesを利用している人の場合、もしかすると、暗号化パスワードを確認することが出来るかもしれません。

MacOSX以上のパソコンには、キーチェーンアクセスappが利用できるようになっています。

キーチェーンアクセスappをMacパソコンを有効に設定してある場合には、MacパソコンのiTunesで暗号化パスワードを設定した場合には、暗号化パスワードが記録されている可能性があります。


キーチェーンアクセスでの暗号化パスワードの確認方法

ここでご紹介している暗号化パスワードの確認方法は、MacパソコンのiTunesで暗号化パスワードの設定をした場合のみ有効な方法です。

WindowsパソコンでiTunesを利用している人や、MACパソコンのiTunesを利用しているけど、暗号化バックアップのパスワードをWindowsパソコンのiTunesで設定した場合には、暗号化パスワードを確認することはできません。


キーチェーンアクセスでの暗号化パスワードの確認は、次の操作手順となります。



キーチェーンアクセスappを起動する

Macパソコンのランチャーにあるキーチェーンアクセス.appをクリックして、起動します。

Macパソコン_キーチェーンアクセスapp

キーチェーンアクセスのログインを選択する

キーチェーンアクセスappの画面が表示されますので、左側のキーチェーン一覧に表示されているログインをクリックして選択します。

Macパソコン_キーチェーンアクセスapp_キーチェーン一覧ログイン

検索ボックスでiPhone Backupを検索する

左側メニューにあるパスワードをクリックして選択したら、キーチェーンアクセス画面の右上にある検索ボックスに「iPhone Backup」と入力して、検索アイコンをクリックします。

Macパソコン_キーチェーンアクセスapp_検索ボックスにiPhoneBackup


iPhone Backupがあるか確認する

キーチェーンアクセスappの一覧にiPhone Backupが表示された場合には、キーチェーンアクセスappにiTunesの暗号化パスワードが保存されています。

一覧にiPhone Backupが表示されなかった場合には、残念ですが、暗号化パスワードは、保存されていません。

Macパソコン_キーチェーンアクセスapp_iPhoneBackup


iPhone Backupをダブルクリックして、暗号化パスワードを確認する

iPhone Backupがあった場合には、一覧のiPhone Backupをマウスでダブルクリックして、iPhone Backupの属性画面を表示します。

一番下にある「パスワードを表示」にチェックを入れると保存されている暗号化パスワードが表示されます。

「パスワードを表示」にチェックを入れた時に、キーチェーンログインのパスワードを入力する画面が表示されますので、パスワードを入力します。

Macパソコン_キーチェーンアクセスapp_iPhoneBackupパスワード表示

以上で、キーチェーンアクセスappに保存されているiTunesの暗号化パスワードを確認する方法は終了です。

尚、確認できた暗号化パスワードは、Macパソコンで設定した時点のパスワードで、その後、Windowsパソコンで暗号化パスワードを変更している場合には、現在有効のパスワードでない可能性もあります。




copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。