TopPage>iTunesの使い方>iTunesには、認証台数制限がある

iTunesには、認証台数制限がある

ここでは、iTunesの認証台数制限について、ご紹介しています。

iTunesの認証台数制限とは、同じApple IDで認証登録出来るパソコンの台数制限の事です。

尚、Apple IDのiOS機器の利用台数制限とは別の話となります。

Apple IDの利用台数制限については、こちらのページをご覧ください。


iTunesには、5台の認証台数制限がある

同じApple IDでサインインできるiTunesは、5台という台数制限があります。

この台数制限に関係しているのが、Apple IDのコンピュータ認証です。

iTunesのサインイン画面で、Apple IDとパスワードを入力してサインインしようとする時と、Appleの管理サイトへ台数確認が行われ、そのApple IDで既に認証しているiTunesの認証数がまだ5台に達していない場合には、iTunesにサインインすることが出来ます。

しかし、iTunesの認証台数が5台に達している場合には、メッセージが表示され、そのパソコンのiTunesでそのApple IDでサインインすることは出来ません。


iTunes_認証台数制限メッセージ画面


家のパソコンのiTunesにだけiPhoneを接続している人の場合には、あまり遭遇することは無いと思いますが、iPhoneビギナーズのように複数のパソコンでiPhoneを利用している場合など、iTunesにApple IDにサインインしてパソコンを認証しようとした時に、iTunesの認証台数制限にかかり、パソコンを認証することが出来ないことがあります。



iTunesの認証台数制限は、Apple IDの認証制限

このiTunesの認証台数制限は、iTunesの制限ではなく、実は、Apple IDのiTunesの認証制限なのです。

同じApple IDを使用することで、そのApple IDで購入したアプリや音楽データは、そのApple IDでサインインしているiTunesでiTunes Storeから無料でダウンロードすることが出来ます。そのため、このようなApple IDのiTunesの認証台数制限が設けられているのです。


iTunesの認証台数制限
同じApple IDでは、5台までのiTunesしかコンピュータ認証できない
5台の台数制限は、あくまでも、同じApple IDでのサインイン(コンピュータ認証)となります
一つのiTunesで利用できるApple IDが5台に制限されているわけではありません



copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。