TopPage>iphoneメール>新たに追加されたiPhoneのiMessageとは

新たに追加されたiPhoneのiMessageとは

ここでは、iMessage(アイメッセージ)について、ご紹介しています。

初めて携帯電話からiPhoneに切り替えた人にとっては、このiMessage(アイメッセージ)は、ちょっとなじみのないメールですね。

iMessageは、iOS5からiPhoneで提供され始めたメールなので、結構長い間iPhoneを使っている人の中でも、よく知らない人もいるかもしれませんね。


iMessageとSMSMMSメッセージの違い

iMessageとSMS・MMSメッセージには、次のような違いがあります。

  • 「iMessageはAppleが提供しているメールサービス」で、「SMS/MMSメッセージは携帯電話会社がサービスを提供している」
  • iMessageは、インターネット接続できているなら無料で送受信できる
  • iMessageは、送信できる相手が限定される
  • iMessageは、相手がメールを開いたか確認できる
  • iMessageは、メールアドレスが携帯電話番号とメールアドレスの両方が使用できる
  • iMessageは、ワイファイ(Wi-Fi)接続でもメッセージを送受信できる
  • iMessageは、同一のAppleIDを設定している機器で受信することができる

1.「iMessageはAppleが提供しているメールサービス」で、「SMS/MMSメッセージは携帯電話会社がサービスを提供している」

iMessageは、Appleが提供しているメールサービス

iMessageとSMSMMSメッセージの決定的な違いは、提供している会社の異なるということです。

SMSMMSメッセージは、キャリアと呼ばれる携帯電話会社がそのサービスを提供しています。

それに対して、iMessageは、iPhoneを製造しているAppleがそのサービスを提供しています。



2.iMessageは、インターネット接続できているなら無料で送受信できる

SMSMMSメッセージは、携帯電話会社の提供しているメールサービスなので、基本的に送受信の際に料金が発生します。

これに対して、iMessageは、インターネット接続環境さえあれば、無料で送受信することができます。

現在は、SMSメールは、ソフトバンクとau、NTTドコモもに送信時に料金が加算されます。

MMSメールについては、ソフトバンクおよびau、NTTドコモももに定額パケット等の対象なので、実質追加料金は発生しません。


3.iMessageは、送信できる相手が限定される

iMessageは、iPhoneを製造しているAppleが提供しているサービスなので、利用できるのは、Apple社製の通信機能のあるiPhone、iPad、iPod-touchとパソコンのMacに限定されます。

ドコモやau、ソフトバンクなどの携帯電話のメールアドレス等には送信することができません。また、パソコンのMacでも最新のOS X Mountain Lionを導入している場合に限られます。


4.iMessageは、相手がメールを開いたか確認できる

SMSMMSメッセージは、送信した後、送信者がそのメール(メッセージ)を開いたかどうかを確認することはできませんが、iMessageなら、送信相手が、メール(メッセージ)を開いたかどうかを確認できる機能があります。


5.iMessageは、メールアドレスが携帯電話番号とメールアドレスの両方が使用できる

iMessageを複雑にしている一つに、iMessageで使用するメールアドレスが、ユーザーによって携帯電話番号とその他のメールアドレスのいずれかを選択できる点です。

SMSメッセージは、携帯電話のショートメールなので、メールアドレスは、携帯電話番号になります。

MMSメッセージは、携帯電話会社が提供しているメールサービスなので、キャリアと呼ばれる携帯電話会社の指定したドメイン(@ezweb.ne.jpや、@softbank.ne.jp)となり、メールアドレスを見ればSMSなのかMMSなのか判断が付きますが、iMessageの場合は、メールアドレスだけでは判断が付きません。


6.iMessageは、ワイファイ(Wi-Fi)接続でもメールを送受信できる

SMSMMSメッセージは、携帯電話会社の提供しているメールサービスなので、Wi-Fi接続時には、メールの送受信はできませんが、iMessageは、Wi-Fi接続でも、3G回線接続のどちらでもメールの送受信ができるのが特徴です。


7.iMessageは、同一のAppleIDを設定している機器で受信することができる

iPhoneとiPadなど複数のApple製通信機器を持っている場合は、同一のAppleIDを設定することで、それぞれの機器でiMessageを受信することができます。


さらに詳しいiMessageの機能については、こちらをご覧ください。

iMessageの設定方法については、こちらをご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。