TopPage>iphoneの各部名称・用語と機能>iOSについて>USB制限モード-(iOS11.4)の機能と設定方法

USB制限モード-(iOS11.4)の機能と設定方法

ここでは、iOS11.4で機能追加されたUSB制限モードの機能をご紹介しています。


「USB制限モード」は、当初iOS12に搭載が予想されていたUSBセキュリティ機能で、iOS12のリリースを待たずにiOS11.4で機能追加されました。

USB制限モードとは、簡単に言うとiPhoneのLightning(ライトニング)ジャックにUSBケーブルを接続した時に、その通信を無効にする機能です。

iOS11.3までは、iPhoneがロック状態であっても、実は、ライトニングジャックは通信待機状態になっています。

そのため、ライトニングジャックにUSBケーブルを接続して、ある信号を送信してiPhoneのロックを解除することが可能で、技術的には、iPhone内部のデータを取得することが可能な状態になっています。





USB制限モードの機能
USB制限モードの設定方法



USB制限モードの機能

USB制限モードは、Lightning(ライトニング)ジャックにUSBケーブルを接続した時に、その通信を無効にする機能ですが、制限される状況と制限される機能は、次となります。

iPhoneがロック状態になって1時間以上経過した時にUSB制限モードは有効になる
USB制限モードは、あくまでもiPhoneがロック状態でのLightningジャックからの情報漏えいを防止する機能なので、ユーザーがマニュアルで、機能のオン・オフを切り替え、ロックしていない状態でもUSBモードを制限する機能ではありません。
データ通信が遮断される
Lightningジャック全体が無効になるわけではありません。バッテリーへ充電するための電流はUSB制限モード中でも流れる
USB制限モード_イメージ図







USB制限モードの設定方法

USB制限モードを有効・無効の設定は、設定アプリで行います。

iOS12が正式に配信される場合には、USB制限モードは、初期値でオンになると思われますが、iOS11.4.1にバージョンアップした場合には、混乱を避けるためか、このUSB制限モードはオフになっています。


USB制限モードを有効にするには、次に操作手順で行います。


設定アプリを開く

ホーム画面の設定アプリアイコンを指でタップして、設定アプリ画面を開きます。

iPhoneホーム画面上の設定アプリアイコン








FaceIDとパスワード(TouchIDとパスワード)設定画面を開く

開いた設定アプリ画面を指で下にスワイプすると、FaceIDとパスワード(TouchIDとパスワード)という項目がありますので、そこを指でタップして、FaceIDとパスワード(TouchIDとパスワード)設定画面を開きます。

iPhone初期設定_TouchID設定

USBアクセサリーの設定をオンにする

TouchIDとパスワード(FaceIDとパスワード)画面を指で下にスワイプすると、「ロック中にアクセスを許可」欄が表示されます。

「ロック中にアクセスを許可」欄の一番下に、USBアクセサリーという項目があります。これが、USB制限モードになります。

USB制限モードをオンにするには、USBアクセサリーをオン(グリーン)にします。

iOS11_4_TouchIDとパスワード_USBアクセサリ設定

これで、USB制限モードが有効になりました。




copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。