TopPage>iphoneの各部名称・用語と機能>iOSについて>スクリーンタイムのファミリー共有機能について

スクリーンタイムのファミリー共有機能について

スクリーンタイムには、ファミリー共有という機能があります。スクリーンタイムのファミリー共有機能は、iCloud(アイクラウド)のファミリー共有の機能と合わせて設定することで、家族や子供のiPhoneやiPadのスクリーンタイムレポートを確認したり、スクリーンタイムの設定を管理することが出来るようになります。


スクリーンタイムには、「ディバイス間で共有」の機能を使えば、同じApple IDでサインインしているiPhoneやiPadのスクリーンタイムレポートを確認することが出来るようになります。

スクリーンタイムのファミリー共有機能は、「ディバイス間で共有」機能とは別の機能で、異なるApple IDのiPhoneやiPadでもスクリーンタイムレポートを別のiPhoneから確認したり、スクリーンタイムの設定を変更したりすることが可能になります。






目次・メニュー
スクリーンタイムのファミリー共有の機能・出来ること
スクリーンタイムのファミリー共有の設定方法


スクリーンタイムのファミリー共有の機能・出来ること

スクリーンタイムのファミリー共有を設定することで可能になる機能は、次の3つの機能になります。







1.ファミリー共有の管理者のiPhoneやiPadからファミリー共有されているiPhoneやiPadのスクリーンタイムレポートを確認できる

冒頭でもご紹介しましたが、スクリーンタイムのファミリー共有を設定すると、異なるApple IDでサインインしているiPhoneなどのiOS機器のスクリーンタイムレポートをファミリー共有の管理者のiPhoneで表示することが出来るようになります。

「ディバイス間で共有」の機能の場合には、あくまでも、同一使用者が異なる複数のiOS機器を使用しているという前提のスクリーンタイムレポートとなりますので、スクリーンタイムレポートが表示できるのは、同じApple IDでサインインしているiOS機器のみとなります。


2.ファミリー共有の管理者のiPhoneやiPadからファミリー共有されているiPhoneやiPadのスクリーンタイム設定を変更できる

「ディバイス間で共有」機能では、あくまでもスクリーンタイムレポートが共有され表示されるだけになりますが、「ファミリー共有」の場合には、icloudのファミリー共有機能と連携されているので、ファミリー共有の管理者は、ファミリー共有されているiPhoneやiPadのスクリーンタイムの設定を、管理者のiPhoneの操作で設定することが出来ます。


3.ファミリー共有されているiPhoneからの使用時間の延長申請を管理者にリクエストしたり、管理者のiPhoneで時間延長を許可することが出来る

スクリーンタイムの「ファミリー共有」機能は、ファミリー共有されているiPhoneなどのiOS機器のスクリーンタイムの設定を変更することが出来るだけでなく、設定した使用時間について、ファミリー共有されているiPhoneから使用時間延長の申請を送信したりすることが出来るようになります。

ファミリー共有されているiPhoneからの使用時間延長の申請は、ファミリー共有の管理者のiPhoneに通知メッセージとして表示され、時間延長の許可や否認(延長不可)を行うことが出来るようになります。






スクリーンタイムのファミリー共有の設定方法

スクリーンタイムのファミリー共有を設定する方法は、ちょっとだけ複雑でわかりにくくなっています。

スクリーンタイムのファミリー共有機能は、スクリーンタイムの単独の機能ではなく、icloudのファミリー共有を利用した機能となります。

そのため、スクリーンタイムのファミリー共有機能を初めて設定する方法には、スクリーンタイム設定画面ではなく、icloudのファミリー共有設定画面から行います。

既に、iOS11の時からicloudのファミリー共有の設定を行っている場合には、スクリーンタイム設定画面からでもスクリーンタイムのファミリー共有を設定することが出来ます。

スクリーンタイムのファミリー共有設定した後の「コンテンツとプライバシー」や「App使用時間の制限」などの変更は、スクリーンタイムの設定画面で行います。

スクリーンタイムのファミリー共有の設定方法は、こちらのページをご覧ください。



copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。