TopPage>iphone修理&故障不具合の時の対処方法>iPhoneをリカバリーモードにする方法

iPhoneをリカバリーモードにする方法

ここでは、iPhoneをリカバリーモードにする操作方法についてご紹介しています。


リカバリーモードは、iPhoneに不具合がある時に、iPhone内のiOSを最新バージョンに更新することによって、iPhoneの不具合を解消する方法です。

リカバリーモードの意味と使用する上での注意点については、こちらのページをご覧ください。

iPhoneをリカバリーモード状態にする方法は、iPhone6Sまでは一つの操作方法でしたが、iPhone7以降、機種によって、iPhoneをリカバリーモードにする操作方法が異なるようになっています。新しい機種に機種変更した人など、なんでリカバリーモードにならないんだと慌てる人もいるかもしれませんね。






機種に関係なく共通の操作

リカバリーモードにする操作方法は、機種毎に異なりますが、次の操作については、全ての機種で共通となります。

パソコンのiTunesを起動する
リカバリーモードは、iPhone単体で利用する機能ではなくパソコンのiTunesが必要になります。
iPhoneの電源を切る
リカバリーモードにするには、一旦、iPhoneの電源を切る必要があります。
USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続する
必ずApple純正品または認証品のUSBケーブルをパソコンに接続します。
まだ、この時には、iPhoneは接続しないでください。接続する際には、機種毎の操作を行う必要があります。





iPhoneX・XS・XSMax・8・8Plus・をリカバリーモードにする操作方法

iPhoneX・XS・XSMax・8・8Plus・をリカバリーモードにするには、USBケーブルにiPhoneを接続したら、速やかに次の操作を行います。

  • ボリュームボタンのアップボタンを押して直ぐに離す
  • ボリュームボタンのダウンボタンを押して直ぐに離す
  • 電源ボタンをiPhoneのホーム画面にiTunesマークが表示されるまで押し続ける

iPhoneがリカバリーモードになると、iPhoneのホーム画面にiTunesマークとUSBケーブルが表示され、パソコンのiTunesにもリカバリモードのメッセージ画面が表示されます。


iPhone7・7Plusをリカバリーモードにする操作方法

iPhone7・7Plusをリカバリーモードにするには、USBケーブルにiPhoneを接続したら、速やかに次の操作を行います。

  • ボリュームボタンのアップボタンと電源ボタンを同時に押し、iPhoneのホーム画面にiTunesマークが表示されるまで押し続ける

iPhoneがリカバリーモードになると、iPhoneのホーム画面にiTunesマークとUSBケーブルが表示され、パソコンのiTunesにもリカバリモードのメッセージ画面が表示されます。






iPhone6・6Plus・6S・6SPlus・SE・5S・5C・5・4Sをリカバリーモードにする操作方法

iPhone6・6Plus・6S・6SPlus・SE・5S・5C・5・4Sをリカバリーモードにするには、USBケーブルにiPhoneを接続したら、速やかに次の操作を行います。

  • ホームボタンと電源ボタンを同時に押し、iPhoneのホーム画面にiTunesマークが表示されるまで押し続ける

iPhoneがリカバリーモードになると、iPhoneのホーム画面にiTunesマークとUSBケーブルが表示され、パソコンのiTunesにもリカバリモードのメッセージ画面が表示されます。


これで、iPhoneがリカバリーモードになりましたので、あとは、iTunesのリカバリーモードのメッセージ画面を確認しながら、リカバリーモードによるiPhoneの復元を行います。





copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。