TopPage>iPhoneの気になるトピックス>スマートフォンとしてのAndroidの特徴

スマートフォンとしてのAndroidの特徴

日本のスマートフォンのシェアでも2011年5月にアンドロイド(Android)が、iphoneを抜いて一位になりました。Android(アドロイド)のスマートフォンとしての特徴についてご紹介します。

アンドロイドスマートフォン

機種の選択の自由度が高い

iphoneの場合は、日本の場合、容量などの違いはありますが、基本的に1機種になりますね。

アンドロイド(Android)は、ウィンドウズパソコンと同じ様に、GoogleがOSを提供しているので、いろいろな携帯電話メーカーや家電メーカーから様々な機種が販売されています。
購入する時に複数の機種から選択する自由がありますね。機種によっては、本体の色が7色から選べたりするのが特徴ですね。


Androideのスマートフォンは、機種毎に個性があり、アプリや操作性が異なる

Androideのスマートフォンは、機種毎に製造メーカーがアレンジすることが出来るので、操作画面や操作方法、利用できるアプリなど、そのスマートフォン毎に個性があることですね。Android(アンドロイド)のスマートフォンは、パソコン以上に、機種毎に違いがありますね。
利用者によっては、非常に良い点でもありますし、人によっては悪い点にもなる特徴ですね。

自分にピッタリの操作画面や操作性、初期に入っているアプリがある場合には、Androidのスマートフォンはいいと思いますね。


アプリは、基本的に審査等の規制が無いので利用者責任で追加する必要があります

Android(アンドロイド)の製造メーカーの多くは、販売時に入っているアプリ以外は、サポート対象外としている場合がほとんどですので、利用者の自己責任で追加利用する必要があります。


copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。