TopPage>iPhoneの気になるトピックス>iphoneの裏面の白い樹脂がある理由

iphoneの裏面の白い樹脂がある理由

新しいiPhone6のデザイン、最初のiPhoneのデザインに似た丸みを帯びたデザインでアイフォンビギナーズとしてはとても気に入っています。

でも、人によっては、裏側のフレーム内にある白い樹脂が残念という声を聞きますね。

今までデザイン的には、とってもクールでかっこよかったのに、なんで、白い樹脂、それもなんで、微妙な白い色なのと思う人もいますよね。

でも、この裏のフレーム内にある白い樹脂にも理由があるんです。


iPhone6の裏の白い樹脂は、アンテナ性能を上げるための絶縁体

iPhoneって、通信のためのアンテナがありませんよね。実は、iPhoneは、金属のフレームがアンテナの役割をしています。

裏の白い樹脂は、アンテナの役割をしている複数の金属フレームを絶縁するための樹脂なのです。

iphone6裏面の白い樹脂部分


iPhone5Sの裏側にも白い樹脂があった

iPhone5・5Sの場合は、デザインされているかのようで、気になりませんでしたが、よく見ると裏フレームにも白い樹脂がありますね。

iPhone5・5Sの裏の白い樹脂も、アンテナの役割をしている複数の金属フレームの絶縁体として機能しています。

iPhone5の発売当初は、そういえば、iPhoneのアンテナとして機能している金属フレームの絶縁不足で手で持っていると、電波が入りにくいなんてこともありましたね。

iphone5S裏面の白の樹脂部分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。