iPhoneの自動ロックの設定方法

iPhoneを使う上で、必ずと言っていいくらい自分に合った設定にする項目に自動ロックの設定があります。

自動ロックとは

自動ロックとは、一定時間iphoneの操作をしない場合に、自動的にiphoneの画面表示をオフにする機能です。本体のスリープボタンを押した時と同じ状態になります。

自動ロックとは、自動的にiphoneをスリープ状態にする機能です。

自動ロックが設定されていないと、常に画面表示がされている状態となり、不要な電池を消費してしまいます。





iphoneを使いたい時に、電池切れなんてことにならないように、自分にあった自動ロックの時間設定をしておきましょう。

自動ロックの時間設定

iphoneの自動ロックの設定は、至って簡単です。

設定アプリを開きます。
ios7_設定アプリアイコン

一般項目をタップして開きます
一般項目は、設定画面を下にずらすと表示されます。
設定_一般項目

自動ロックをタップして開きます
自動ロックは、画面を下にずらすと表示されます。
設定_一般設定自動ロック設定

自動ロック時間をタップします
iphoneの購入時(工場出荷時の設定)は、自動ロック時間は、1分に設定してあります。時間は、自分に合った長さを選択しましょう。初心者方は、iphone操作中にすぐ自動ロックが掛かると使い勝手が悪いので、長めの5分でもいいかと思います。
設定_一般設定自動ロック設定画面

自動ロックとiphoneのパスコード

iphoneにパスコードを設定してあると、自動ロック状態を解除するには、パスコードの入力が必要になります。

iphone自動ロック状態
iphone自動ロック状態パスコード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。