TopPage>iTunesの使い方>iTunesのショートカットキーは、覚えると便利

iTunesのショートカットキーは、覚えると便利

iPhoneを便利に利用するためになくてはならないソフトと言えば、iTunesですね。そのiTunesを快適に使用するには、iTunesの操作のショートカットキーを覚えるといいと思います。

iTunesの主な操作には、便利なショートカットキーが割り当てられています。

パソコンをあまり操作したことの無い人には、ショートカットキーと言われても、何のことだか分かりませんよね。


ショートカットキーとは、簡単に言うとソフトの操作をキーボードだけで操作できるようにしたものです。

パソコンのソフトは、画面にメニューやボタンが表示され、そのメニューやボタンをマウスでクリックすることで操作をしますよね。ショートカットキーは、それをマウスでクリックする代わりに、キーボードの2つまたは3つのキーを同時に押すことで出来るようにしたものです。

iTunes_コントロール_ショートカットキー画面

覚えておくといいiTunesのショートカットキー

iTunesにも主要な操作メニューにショートカットキーが設定されています。

特にコントロールメニューの操作については、ショートカットキーを覚えるとitunesを快適に操作することが出来ますよ。

但し、ショートカットキーが有効に働くのは、iTunesが選択されているに限ります。(iTunesを開いて、他のソフトを操作中には、これらのショートカットキーは無効になっています。現在操作中のショートカットキーが優先されるためです。)


スペースキー
音楽ライブラリで選択している楽曲の再生と再生一時停止
Ctrl+.(Ctrlキーとピリオドキーを同時に押す)
音楽ライブラリで選択している楽曲の再生停止
Ctrl+↑(Ctrlキーと上向きやじるしキーを同時に押す)
音量を上げる(ボリュームアップ)
Ctrl+↓(Ctrlキーと下向きやじるしキーを同時に押す)
音量を上げる(ボリュームアップ)
カーソルキーの→・←(左右のやじるしキー)
現在選択されている楽曲の前後の楽曲へ選択が移動します
Shift+→(右向きのやじるしキー)
楽曲や動画を再生中の場合、ライブラリで選択されている次のアルバムの再生が始まります
楽曲や動画が再生中でない場合は、アルバムの複数選択機能となります
Ctrl+Alt+↓(下向きのやじるしキー)
楽曲や動画の再生中の場合、音声が消音(ミュート)します
消音(ミュート)している状態では、音声の消音(ミュート)が解除されます
Ctrl+Alt+→(右向きのやじるしキー)
再生中の楽曲・動画の早送りします
Ctrl+Alt+←(左向きのやじるしキー)
再生中の楽曲・動画の巻き戻しします
Ctrl+Alt+M
iTunesがミニプレイヤー表示になります(パソコン画面の左隅に小さく表示されます)
iTunesがミニプレイヤー表示の場合には、通常のiTunes画面表示になります
Ctrl+W
iTunesを終了する




copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。