TopPage>iTunesの使い方>iTunesを使用するにはApple IDが必要になる?

iTunesを使用するにはApple IDが必要になる?

iTunesを利用するには、Apple IDが必要になると思われていますが、実は、Apple IDが無くても、iTunesを利用することは出来ます。

ここでは、iTunesとApple IDの関係とiTunesでApple IDなしで使うことのできる機能について、ご紹介しています。



1.iTunesとApple IDの関係について

iTunesにApple IDは必須ではありません。別にApple IDが無くてもiTunesは使うことが出来ます。

但し、iTunesの全ての機能を使うためには、Apple IDが必要になります。


iTunesにはミュージックプレイヤーソフトという一面がある

iPhoneを使っていると、iTunesと聞くとすぐにiPhoneとの同期や、バックアップ保存をイメージをしてしまいますが、iTunesは、別にiPhoneなどのiOS機器が無くても、パソコンのミュージックプレイヤーソフトという側面があります。

iTunesをミュージックプレイヤーとして使用する時には、別にApple IDは必要ありません。

Apple IDでサインインしていなくても、音楽CDからiTunesに楽曲を取り込むことはできまし、保存した楽曲を再生することも出来ます。


ミュージック画面でもApple IDが無いと使えない機能がある

先ほど、iTunesをミュージックプレイヤーとして使用する時には、Apple IDは別に必要ないとご紹介しましたが、Apple IDでサインインしていない状態では、取り込んだ音楽CDのアートワークや歌詞などを入手するできません。

アートワークや歌詞は、appleのiTunes Storeにあるので、Apple IDでのサインインが必要なります。

iTunes_アートワーク入手_AppleIDサインインメッセージ画面


Apple IDナシで利用できるiTunesの機能

先ほどご紹介したミュージックプレイヤーソフト機能以外にも、Apple IDナシで利用できるiTunesの機能はあります。

それは、次の機能です。

iPhoneとの同期機能
iTunesに取り込んだ音楽CDデータなどの同期には、Apple IDでサインインしている必要はありません。
iPhoneのバックアップ
パソコンへのiPhoneデータのバックアップファイルを保存する時にも、Apple IDでサインインしている必要はありません。



copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。