TopPage>iTunesの使い方>iTunesに取り込んだ音楽CDで曲ごとにアートワークを設定する方法

iTunesに取り込んだ音楽CDで曲ごとにアートワークを設定する方法

ここでは、iTunesに取り込んだ音楽CDで曲ごとのアートワークを設定する方法についてご紹介しています。

iTunesのミュージックライブラリに音楽CDを取り込むとAppleのiTunesStoreのデータベースにアルバムアートワークがある場合には、アルバムアートワークが自動的に登録されます。

アルバムアートワークは、iTunesやiPhoneのミュージックアプリの操作の時に、画像でアルバムを判断できるのでとても便利な機能です。

しかし、自動的にダウンロードされたアルバムアートワークは、そのアルバムに含まれる全ての曲が同じアートワークになるので、人によっては、アルバムの含まれる曲ごとにアートワークを表示したいと思う人もいらっしゃると思います。

そのような人は、手動でアルバムに含まれる曲それぞれにアートワークを設定することで、その曲を再生しているときに、iTunesの画面やiPhoneのミュージックアプリ画面にその曲ごとにアートワークを表示することが出来ます。


まだ、アルバムアートワークについてよく知らないという人は、こちらの「iTunesのアートワークとは」と「iPhoneに音楽CDのアルバムジャケットを取り込む方法(表示させる方法)」をご覧ください。




1.アルバムアートワークと曲ごとのアートワークの関係

iTunesのミュージックライブラリに取り込んだ音楽CDにつけることのできるアルバムアートワークとアルバムに含まれるアートワークの関係について、ご紹介します。



アルバムアートワークは、そのアルバムの1曲目のアートワークが表示される

iTunesのアートワークは、ちょっと語弊がありますが、実は存在しないんです。アルバムアートワークは、アルバムとしてグルーピングされた楽曲の一番最初の順番に設定されている曲のアートワークがアルバムアートワークとして認識されるようになっています。

アルバムアートワーク
アルバムの一曲目の曲のアートワークの先頭のアートワーク

アルバムアートワークという特別な存在は、実は存在しないです。アルバムアートワークは、そのアルバムの1曲目のアートワークが表示されているだけなんです。


曲のアートワークは複数登録できる

曲のアートワークは、複数の画像を登録することが出来ます。

そして、曲に複数の画像がアートワークに設定された場合には、その曲が再生中に表示されるアートワークは、一番先頭に登録された画像になります。


つまり、つぎのように、アルバムに含まれる曲のアートワークを設定すると、アルバムアートワークと曲のアートワークを別々に設定することが出来ます。


1曲目のアートワークの先頭画像にアルバムアートワークとする画像を登録する
アルバム表示の時に、1曲目のアートワークがアルバムアートワークとして表示される。
1曲目の再生中には、アルバムアートワークが再生画面に表示される
2曲目以降の曲のアートワークには、それぞれ、先頭に曲のアートワークとして表示させたい画像を登録する
2曲目以降の曲の再生中は、その曲で先頭に設定されたアートワークが表示される。


2.曲ごとにアートワークを設定する操作方法

言葉で表現すると、なんとなくわかりづらいですが、設定方法は簡単で、次のような操作手順で行うと、曲ごとにアートワークを設定するできます。



1.曲ごとに設定するアートワークを用意する

曲ごとのアートワークとして設定する画像を用意します。

ご自分で、アルバムジャケットをスキャンやカメラで撮影した場合には、縦横300Ppixel程度にリサイズしてjpg形式などでディストップなどのパソコンのフォルダーに保存します。

ファイル形式は、jpg形式以外にも、png形式、gif形式、tiff形式でもアートワークとして登録することが出来ます。

画像のサイズには制限はありませんので、別に縦横300pixelでなくてもいいのですが、あまりサイズが小さいと表示した時に画像が粗くなりますし、サイズが大きすぎる時には、iPhoneなどに同期した時にメモリを消費しますので、アイフォンビギナーズは300pixelを目安にしています。

アートワークサンプル例

Web上で提供されている曲ジャケットを利用する場合には、Web上で、画像を選択して、画像をコピーして、ディストップなどのパソコンのフォルダーに保存します。


2.アルバムを指定して、1で用意したアートワークを全て登録する

曲ごとのアートワークを登録するのですが、曲を指定して登録しても、結局、アルバムの曲全部を設定しなおす必要があるので、アルバムを指定して、曲数全てのアートワークを登録してしまいます。


アルバムのプロパティ画面を開く

iTunesのミュージックライブラリで曲ごとにアートワークを設定したいアルバムを選択して、マウスの右クリックでショートカットメニューを表示させます。

ショートカットメニューからプロパティを選択して、アルバムのプロパティ画面を開きます。

「複数の項目の情報を編集してもよろしいですか?」のメッセージ画面が表示される場合には、「項目を編集」ボタンをクリックします。

iTunes_ミュージックライブラリ_アルバムプロパティ

アートワーク設定画面を開く

アルバムのプロパティ画面が開いたら、アートワークボタンを押して、アートワーク設定画面を開きます。

iTunes_ミュージックライブラリ_アルバムプロパティ画面_アートワークボタン_

用意した画像をアートワークに追加する

アートワーク設定画面の左下に表示されている「アートワークを追加」ボタンをクリックして、アートワークの追加設定画面を開きます。

iTunes_ミュージックライブラリ_アートワークプロパティ画面_アートワークを追加ボタン

アートワークとして追加するファイルを指定する画面が表示されますので、1で用意した画像を選択して、登録します。

この時に、複数の曲に設定する画像を連続して追加して取り込みます。

この時のアートワークの順番は気にしなくて結構です。あとで、曲ごとに設定をしていきます。

iTunes_ミュージックライブラリ_アートワークプロパティ画面_追加アートワーク選択画面

3.アルバムの2曲目以降のアートワーク画像をシングルとして表示したい画像に設定する

アルバムの2曲目以降を選択して、右クリックでショートカットを表示させます。

ショートカットメニューのプロパティを選択して、曲のプロパティ画面を開きます。

iTunes_ミュージックライブラリ_曲ごとのアートワークプロパティ

先ほどと同様にプロパティ画面の中央に表示されている「アートワーク」ボタンをクリックしてアートワーク設定画面を開きます。

表示されたアートワークで、その曲のアートワークとして表示したい画像をドラッグ&ドロップで、一番左側の先頭へ移動します。

これで、この曲が再生されている時に表示されるアートワークがその画像に設定されます。

iTunes_ミュージックライブラリ_曲ごとのアートワークプロパティ画像移動

3曲目以降も同様に、曲ごとのアートワーク画像を設定してきます。


4.アルバムの1曲目のアートワークの先頭をアルバムアートワークにしたい画像をを先頭に移動する

最後に、アルバムの1曲目のアートワーク設定画面を開き、アルバムアートワークとして設定したい画像を一番左側の先頭に設定します。

これで、アルバムの1曲目のアートワークがアルバムアートワークとして設定表示されます。


以上で、曲ごとにアートワークを設定する方法は完了です。




copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。