TopPage>iphoneの基本操作使い方>iPhone6Plusの画面コピーを撮るならAssistiveTouchがお勧め

iPhone6Plusの画面コピーを撮るならAssistiveTouchがお勧め

iPhone6Plusになってちょっと困ってしまうのが、その本体サイズが大きくなったので、画面コピーのスクリーンショットが撮りづらくなったということを聞きます。

iPhone6以前でもそうでしたが、普通に画面コピーのスクリーンショットを撮ろうとするとどうしても両手でiPhoneを持つようになります。iPhone6までなら、そんなに違和感なく両手でスクリーンショットを撮ることが出来ますが、iPhone6Plusのサイズになるとちょっと不安定で落としそうでちょっと不安になりますよね。


AssistiveTouchならiPhone6Plusでも片手で画面コピーが撮れる

iPhone6Plusをお使いの人で、画面コピーのスクリーンショットをよく撮る人には、ぜひ、AssistiveTouch機能を活用してください。本体サイズが大きなiPhone6Plusでも、簡単に片手で画面コピーを撮ることが出来ますよ。

assistivetouch_スクリーンショットアイコン画面

AssistiveTouch機能を活用したiPhoneのスクリーンショットを片手で撮る方法は、こちらをご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。