TopPage>iphoneメール>携帯電話三社(ソフトバンク・au・ドコモ)のiPhoneで使用できるメールの種類

携帯電話三社(ソフトバンク・au・ドコモ)のiPhoneで使用できるメールの種類

iPhoneでは、契約する携帯電話会社によって、利用できるメールの種類や操作方法が違います。

ここでは、ソフトバンク、au、ドコモのそれぞれのiphoneで利用できるメールの種類と特徴について、初心者の人でもわかりやすいようにご紹介しています。




ソフトバンク、au、ドコモのiphoneで共通のメールの特徴

ソフトバンク、au、ドコモのどのiPhoneでも共通なメールは、iPhoneで利用できる5種類のメールの内、次の4種類です。

メッセージサービス

SMSメール
iPhoneの携帯電話番号で送受信するメッセージサービスメールです
iMessageメール
Appleが提供しているApple-IDをメールアドレスとして送受信するメッセージサービスメールです
送受信できるのはApple-IDを設定しているApple製品のみとなります。

Eメール

PCメール
パソコンメールのことで、ヤフーや、Gmail、プロバイダーから配布されたメールアドレスで送受信するメールサービスです。
会社の仕事で利用しているメールアドレスもここに含まれます。
iCloudメール
iCloudメールとは、Appleが提供しているメールサービスで、iphoneでiCloudを設定すると一つのiCloudメールアドレス(@iCloud.com)は発行されます。
iCloudメールは、基本的にはPCメールの一つになります。
Appleが提供しているPCメールが一つ利用できると理解すると分かりやすいと思います。




キャリアメールと呼ばれる携帯電話会社のメールアドレスが3社で異なる

iPhoneのメールの中で、一番分かりづらいのが、キャリアメールと呼ばれる携帯電話会社の発行するMMSメールです。

日本の場合、ドコモ、au、ソフトバンクが、携帯メールを独自の対応をしているので、契約している携帯電話会社によって、iPhoneでのMMSメールの設定や、操作、使用するアプリが異なります。

iphoneのメールアプリ

ソフトバンクのiphoneの場合

MMSメール専用のメールアドレスが発行される
MMSメール用に、一つ@softbank.ne.jp形式のメールアドレスが発行されます。@の前は、自分の好きな文字に変更することが可能です。
使用するアプリは、標準アプリのメッセージアプリ
ソフトバンクが一番シンプルで分かりやすいです。
発行されるMMSメールアドレスは、世界標準に準じているので、標準アプリのメッセージアプリで送受信を行います。

auのiPhoneの場合

MMSメールとして使用できるメールアドレスが一つ発行される
auの場合も、MMSメールで使用できる~@ezweb.ne.jpの形式のメールアドレスが発行されます。
MMSメールまたはPCメールと使用できるのでどちらで使用するか選択が必要
auのiphoneで発行されるMMSメールとして使用できるメールアドレスは、ちょっと特殊で、MMSメールとしてだけでなく、PCメールとしても利用できる仕様になっています。

そのため、どちらで使用するかauのWebサイトで設定をする必要があります。

使用するアプリは、メッセージアプリまたはメールアプリ
MMSメールとして使用する場合には、メッセージアプリで使用します。
PCメールとして使用する場合には、メールアプリで使用します。

ドコモのiphoneの場合

MMSメールには対応していません
ドコモの携帯メール(キャリアメール)は、iモードという特殊な仕様になっているため、MMSメールには対応していません。(iPhone以外のスマートフォンでもMMSメールに対応していません。)
ドコモの携帯メールは、PCメールとして使用します
ドコモのiphoneの場合は、auやソフトバンクのiphoneと異なり、MMS用のメールアドレスはありません(2016年1月時点)。ドコモの携帯電話で利用してきた~@docomo.ne.jp形式のメールアドレスは、設定を行い、メールアプリで、PCメールと同じようにメールの送受信を行います。
PCメールとして使用する場合にも、ドコモのWebサイトで、spモードメールの利用設定が必要になります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。