TopPage>iphone電話>電話着信画面の「後で通知」の機能について

電話着信画面の「後で通知」の機能について

iphoneの電話着信画面には、着信があっても、すぐに電話に出ることのできない場合の機能に、「後で通知」と「応答メッセージ」という機能があります。

「後で通知」という機能は、電話着信のあった人に、折り返しの電話をかけ忘れないように通知してくれる便利な機能なのですが、機能をちゃんと理解しておかないと、電話をかけた人が不快になる可能性や、後で通知をしたのに、通知メッセージが表示されないということもあるので注意が必要です。


「後で通知」の機能

iphoneの電話アプリの着信画面に表示される「後で通知」を指でタップした時の基本的な動作は、次のようになります。

  • 選択メニューが表示される
  • 電話の発信者へ音声メッセージが流れる
  • 電話が切れる
  • リマインダーアプリで1時間後に電話することの通知がされる
電話アプリ_着信画面_後で通話

後で通知の選択メニューが表示されます

「後で通知」を指でタップすると、通知の選択メニューが表示されます。

後で通知の機能を使うには、1時間後を指でタップします。

1時間後を指でタップすると、リマインダーアプリに1時間後に電話着信者へのリダイヤル(電話をかける)が登録されます。

登録されるリマインダーは、通知とアラームについて、後で通知をタップした1時間後に設定されます。

電話着信画面_後で通知_選択

電話の発信者へ音声メッセージが流れる

後で通知の選択メニューで一時間後を指でタップすると、電話をかけてきた人に、「電話をお呼びしましたが、お出になられません。」と音声メッセージが流れます。

この音声メッセージは変更することはできません。



電話が切れる

留守番電話サービスが有効になっていない場合は、音声メッセージが流れた後に、電話回線が切断されます。


1時間後にリマインダーの通知メッセージが表示されます

リマインダーの通知メッセージが1時間後に表示されます。


通知には、リマインダーの通知を許可が必要

尚、リマインダーの通知が許可されていない(オフになっている)場合には、後で通知を設定しても、リマインダーの通知が許可されていないために、リダイヤルの通知は表示されません。

後で通知_リマインダー通知画面


リダイヤルする場合

オプションを指でタップして選択メニューを表示させます。

選択メニューの発信を指でタップすると、電話の着信者へリダイヤルされます。

後で通知_リマインダーメニュ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。