TopPage>iphoneのバックアップ>iPhoneのバックアップに暗号化パスワードを設定する時に注意すること

iPhoneのバックアップに暗号化パスワードを設定する時に注意すること

携帯電話からiPhoneに乗り換えた人の中には、iPhoneのバックアップを定期的にとっていない人もいらっしゃいますね。

携帯電話を利用しているころは、あまり、携帯電話のデータのバックアップをするという習慣はあまりなかったですからね。

でも、iPhoneなどのスマートフォンは、電話機能のついたパソコンのようなものですから、できれば、ある一定期間毎にはデータのバックアップを取っておきたいものです。


ところで、パソコンにiPhoneのバックアップを取る時に、皆さんは、暗号化パスワードをかけていますか?
それとも、暗号化パスワードをかけずにバックアップを取っていますか?

iTunesのiPhoneデータのバックアップは、パソコン本体のハードディスク内に保存されます。暗号化パスワードをかけずにバックアップしている場合、悪意を持って行えば、さまざまな方法(iPhoneのバックアップデータの閲覧ソフトなど)で、保存されているデータ内容を見ることができてしまいます。

iPhoneのバックアップをとっているiTunesのパソコンがインターネット環境に接続されている場合など、ウィルスに感染した場合に、個人情報などが漏洩する危険性がありますので、出来れば、iPhoneのバックアップを取る時には、暗号化のパスワードをかけることをお勧めします。


iPhoneのバックアップに暗号化パスワードを設定する時の注意点

iPhoneのバックアップに暗号化パスワードを設定すること自体は、非常に簡単です。ただし、つぎの二つの点に注意する必要があります。


暗号化パスワードは絶対に忘れない

出来れば、メモを取って、暗号化パスワードを忘れないようにしておきましょう。暗号化パスワードを忘れるとバックアップデータから復元できなくなりますので、機種変更の際に非常に困ります。また、暗号化パスワードを再設定するには、ちょっと面倒な作業を行わないといけません。


暗号化前のバックアップデータは使えなくなる

今までパソコンのiTunesに保存されている暗号化前のバックアップデータは、暗号化のパスワードを設定してiPhoneのバックアップを保存した際に消去されます。基本的に非暗号化したバックアップデータで復元はできなくなりますので注意が必要です。





One Response to iPhoneのバックアップに暗号化パスワードを設定する時に注意すること

  1. iTunes バックアップ 暗号化 より:

    iPhONEのバックアップに暗号を設定することはバックアップの保護に役に立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。